Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • NGC 3109は、うみへび座の方角に約430万光年の位置にある小さな不規則銀河である。局部銀河群のサブグループでは最も明るい。NGC 3109はポンプ座矮小銀河と潮汐力で相互作用していると考えられている。1835年3月24日に南アフリカでジョン・ハーシェルによって発見された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2083808 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2168 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53902281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:appmagV
  • 10.400000 (xsd:double)
prop-ja:constellationName
prop-ja:distLy
  • 4.300000 (xsd:double)
prop-ja:epoch
prop-ja:name
  • NGC 3109
prop-ja:names
  • 1.048608E8
prop-ja:sizeV
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:type
  • SBm
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:z
  • 403 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • NGC 3109は、うみへび座の方角に約430万光年の位置にある小さな不規則銀河である。局部銀河群のサブグループでは最も明るい。NGC 3109はポンプ座矮小銀河と潮汐力で相互作用していると考えられている。1835年3月24日に南アフリカでジョン・ハーシェルによって発見された。
rdfs:label
  • NGC 3109
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of