Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • NBAプレーオフ(NBA Playoffs)とは、北米プロバスケットリーグであるNBAのレギュラーシーズン終了後、東西の各カンファレンスから8チームずつが進出し、7戦4勝制のトーナメント方式によりチャンピオンを決するためのプレーオフ(ポストシーズンシリーズ)をいう。各カンファンレンスにおける優勝チームの決定戦(準決勝に相当)をNBAカンファレンスファイナル、各カンファレンスのトーナメントを勝ち抜いたチーム同士による決勝戦をNBAファイナルとよぶ。プレーオフ進出の第1から第4シードまでは、各ディビジョン優勝チーム3チームとそれ以外でカンファレンス内で勝率の最も良い1チームが、勝率の順で権利を得る。第5から第8シードは勝率順に権利を得る。チーム間で勝率が同率の場合、タイブレイクの基準が定められており、(1)から順に適用される。(-)勝率差があればタイブレイクは不要。(1)ディビジョン優勝チームが優越(2)直接対決勝敗(3)同カンファレンス内勝率(4)同カンファレンス内のプレーオフ進出チームに対する勝率(5)別カンファレンス内のプレーオフ進出チームに対する勝率(6)すべての試合の総得点トーナメント1回戦の「ファースト・ラウンド(カンファンレンス準々決勝)」の勝者は、「カンファレンス準決勝」へと進出する。さらに同準決勝の勝者が「カンファレンス決勝」に進出する。最終的に各カンファレンスのチャンピオン同士がNBAファイナルにおいて対戦することとなる。以前は1回戦は5戦3勝制のシステムであったが、現在は各ラウンドともに7戦4勝制となっている。NBAファイナルを除く各ラウンドの試合会場は2-2-1-1-1のフォーマットでホームとアウェイの試合となり、NBAファイナルにおいては、2-3-2のフォーマットにて試合会場が割り振られる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1004698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8421 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55030850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:rd
  • カンファレンス決勝
  • カンファレンス準決勝
  • ファースト・ラウンド
prop-ja:rd1Score
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:rd1Seed
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:rd1Team
  • サクラメント・キングス
  • サンアントニオ・スパーズ
  • ダラス・マーベリックス
  • デンバー・ナゲッツ
  • フェニックス・サンズ
  • メンフィス・グリズリーズ
  • ロサンゼルス・クリッパーズ
  • ロサンゼルス・レイカーズ
prop-ja:rd2Score
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:rd2Seed
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:rd2Team
  • サンズ
  • クリッパーズ
  • スパーズ
  • マーベリックス
prop-ja:rd3Score
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:rd3Seed
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:rd3Team
  • サンズ
  • マーベリックス
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • NBAプレーオフ(NBA Playoffs)とは、北米プロバスケットリーグであるNBAのレギュラーシーズン終了後、東西の各カンファレンスから8チームずつが進出し、7戦4勝制のトーナメント方式によりチャンピオンを決するためのプレーオフ(ポストシーズンシリーズ)をいう。各カンファンレンスにおける優勝チームの決定戦(準決勝に相当)をNBAカンファレンスファイナル、各カンファレンスのトーナメントを勝ち抜いたチーム同士による決勝戦をNBAファイナルとよぶ。プレーオフ進出の第1から第4シードまでは、各ディビジョン優勝チーム3チームとそれ以外でカンファレンス内で勝率の最も良い1チームが、勝率の順で権利を得る。第5から第8シードは勝率順に権利を得る。チーム間で勝率が同率の場合、タイブレイクの基準が定められており、(1)から順に適用される。(-)勝率差があればタイブレイクは不要。(1)ディビジョン優勝チームが優越(2)直接対決勝敗(3)同カンファレンス内勝率(4)同カンファレンス内のプレーオフ進出チームに対する勝率(5)別カンファレンス内のプレーオフ進出チームに対する勝率(6)すべての試合の総得点トーナメント1回戦の「ファースト・ラウンド(カンファンレンス準々決勝)」の勝者は、「カンファレンス準決勝」へと進出する。さらに同準決勝の勝者が「カンファレンス決勝」に進出する。最終的に各カンファレンスのチャンピオン同士がNBAファイナルにおいて対戦することとなる。以前は1回戦は5戦3勝制のシステムであったが、現在は各ラウンドともに7戦4勝制となっている。NBAファイナルを除く各ラウンドの試合会場は2-2-1-1-1のフォーマットでホームとアウェイの試合となり、NBAファイナルにおいては、2-3-2のフォーマットにて試合会場が割り振られる。
rdfs:label
  • NBAプレーオフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of