Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • NBAファイナル最優秀選手賞(NBA Finals Most Valuable Player Award) は、北米プロバスケットボールリーグ、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)に1969年NBAファイナルから設けられた、NBAファイナルで最も活躍した選手(MVP:Most Valuable Player)に与えられる賞である。賞は9のメディアメンバーのファイナルラウンド終了後に行われる投票によって決定される。最も得票の高かったプレーヤーに贈られる。2013年NBAファイナルから、NBA.comのアカウントを持つファンの投票結果も10票として反映される。 当初は金のバスケットボールを象ったラリーオブライエンチャンピオントロフィーと同型の黒いトロフィーであったが、2005年にサイズを小さくしたものが贈られるようになった。2009年からは、NBAレジェンドの名を冠して、ビル・ラッセルNBAファイナル最優秀選手賞(The Bill Russell NBA Finals Most Valuable Player Award)と呼ばれている。 授賞開始から28人のプレーヤーが受賞しており、マイケル・ジョーダンは、シカゴ・ブルズを1991年から1993年と1996年から1998年に6回の優勝に導き, 最多の6回受賞している。マジック・ジョンソン、 シャキール・オニール、ティム・ダンカンが3回授賞で、 ウィリス・リード, カリーム・アブドゥル=ジャバー, ラリー・バード、 アキーム・オラジュワン、 コービー・ブライアント、 レブロン・ジェームズが2回受賞している。連続受賞は、ジョーダンの2度の3連続受賞、オニールの1度の3連続受賞、オラジュワンとコービー、レブロンの2連続受賞がある。ジャバーは、1971年ミルウォーキー・バックス 、1985年ロサンゼルス・レイカーズで受賞し、異なるチームで受賞している唯一の受賞者である。ルーキーで受賞したのは、1980年ロサンゼルス・レイカーズでのルーキーイヤーのマジック・ジョンソンだけである。ジェリー・ウェストは、賞が設けられて初めての受賞者で、ファイナル敗退チームから受賞した唯一の選手である 。1993年に米国籍を得たナイジェリア出身のオラジュワン、ヴァージン諸島出身のダンカン、ベルギー生まれフランス出身のトニー・パーカー、ドイツのダーク・ノビツキーの4人が国際プレーヤとして受賞している。ダンカンはアメリカ国籍であるが合衆国外で生まれているため国際プレーヤーと認識されている。オラジュワンはヒューストンクーガースでカレッジバスケットをプレーし、ダンカンは、ウェイクフォーレスト大学でプレーしているので、外国籍での受賞者は、パーカーが初めてで、あとはノビツキーだけある。最も若くしての受賞は、1980年のマジック・ジョンソンである。オールスタープレーヤー以外での受賞は、チャンシー・ビラップスと、クワイ・レナードの2名。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2989437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12913 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57879870 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • NBAファイナル最優秀選手賞(NBA Finals Most Valuable Player Award) は、北米プロバスケットボールリーグ、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)に1969年NBAファイナルから設けられた、NBAファイナルで最も活躍した選手(MVP:Most Valuable Player)に与えられる賞である。賞は9のメディアメンバーのファイナルラウンド終了後に行われる投票によって決定される。最も得票の高かったプレーヤーに贈られる。2013年NBAファイナルから、NBA.comのアカウントを持つファンの投票結果も10票として反映される。 当初は金のバスケットボールを象ったラリーオブライエンチャンピオントロフィーと同型の黒いトロフィーであったが、2005年にサイズを小さくしたものが贈られるようになった。2009年からは、NBAレジェンドの名を冠して、ビル・ラッセルNBAファイナル最優秀選手賞(The Bill Russell NBA Finals Most Valuable Player Award)と呼ばれている。 授賞開始から28人のプレーヤーが受賞しており、マイケル・ジョーダンは、シカゴ・ブルズを1991年から1993年と1996年から1998年に6回の優勝に導き, 最多の6回受賞している。マジック・ジョンソン、 シャキール・オニール、ティム・ダンカンが3回授賞で、 ウィリス・リード, カリーム・アブドゥル=ジャバー, ラリー・バード、 アキーム・オラジュワン、 コービー・ブライアント、 レブロン・ジェームズが2回受賞している。連続受賞は、ジョーダンの2度の3連続受賞、オニールの1度の3連続受賞、オラジュワンとコービー、レブロンの2連続受賞がある。ジャバーは、1971年ミルウォーキー・バックス 、1985年ロサンゼルス・レイカーズで受賞し、異なるチームで受賞している唯一の受賞者である。ルーキーで受賞したのは、1980年ロサンゼルス・レイカーズでのルーキーイヤーのマジック・ジョンソンだけである。ジェリー・ウェストは、賞が設けられて初めての受賞者で、ファイナル敗退チームから受賞した唯一の選手である 。1993年に米国籍を得たナイジェリア出身のオラジュワン、ヴァージン諸島出身のダンカン、ベルギー生まれフランス出身のトニー・パーカー、ドイツのダーク・ノビツキーの4人が国際プレーヤとして受賞している。ダンカンはアメリカ国籍であるが合衆国外で生まれているため国際プレーヤーと認識されている。オラジュワンはヒューストンクーガースでカレッジバスケットをプレーし、ダンカンは、ウェイクフォーレスト大学でプレーしているので、外国籍での受賞者は、パーカーが初めてで、あとはノビツキーだけある。最も若くしての受賞は、1980年のマジック・ジョンソンである。オールスタープレーヤー以外での受賞は、チャンシー・ビラップスと、クワイ・レナードの2名。
rdfs:label
  • NBAファイナル最優秀選手賞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of