Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • NBAオールスター・スラムダンクコンテスト(公式名称はスプライト・スラムダンク)はNBAのオールスターウィークエンドの土曜日に行われるスラムダンクコンテストである。出場者が独創性などを織り込みながらダンクシュートを競う。スラムダンクコンテストが初めて開催されたのは1976年、ABAオールスターゲームのことだった。初代チャンピオンはジュリアス・アービングだったが、翌年にはABAがNBAに吸収されたため、コンテストは短命に終わっている。その後、1984年にNBAにおいてスラムダンクコンテストが初めて開催された。1997年以降、目新しいパフォーマンスが少なくなったことから2年間開催されなかったが、2000年に復活。近年大物選手の出場は減っており、スターへの登竜門として若手選手の活躍の場となっている。2014年は東西対抗のチーム戦形式となった。最多優勝記録は2009年まではドミニク・ウィルキンス、マイケル・ジョーダン、ハロルド・マイナー、ジェイソン・リチャードソンの2回であったが、2010年のオールスターでネイト・ロビンソンが優勝したため、ロビンソンの3回となった。またこの優勝でロビンソンは連覇を達成し、ジョーダンとリチャードソン、ロビンソンは2年連続で優勝している。マイケル・ジョーダン、ブレント・バリー、コービー・ブライアントの3人は、スラムダンクコンテストとNBAファイナルの両方で優勝を経験している。最も身長が低い優勝者は1986年のスパッド・ウェブで168cm。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 705916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55140980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • NBAオールスター・スラムダンクコンテスト(公式名称はスプライト・スラムダンク)はNBAのオールスターウィークエンドの土曜日に行われるスラムダンクコンテストである。出場者が独創性などを織り込みながらダンクシュートを競う。スラムダンクコンテストが初めて開催されたのは1976年、ABAオールスターゲームのことだった。初代チャンピオンはジュリアス・アービングだったが、翌年にはABAがNBAに吸収されたため、コンテストは短命に終わっている。その後、1984年にNBAにおいてスラムダンクコンテストが初めて開催された。1997年以降、目新しいパフォーマンスが少なくなったことから2年間開催されなかったが、2000年に復活。近年大物選手の出場は減っており、スターへの登竜門として若手選手の活躍の場となっている。2014年は東西対抗のチーム戦形式となった。最多優勝記録は2009年まではドミニク・ウィルキンス、マイケル・ジョーダン、ハロルド・マイナー、ジェイソン・リチャードソンの2回であったが、2010年のオールスターでネイト・ロビンソンが優勝したため、ロビンソンの3回となった。またこの優勝でロビンソンは連覇を達成し、ジョーダンとリチャードソン、ロビンソンは2年連続で優勝している。マイケル・ジョーダン、ブレント・バリー、コービー・ブライアントの3人は、スラムダンクコンテストとNBAファイナルの両方で優勝を経験している。最も身長が低い優勝者は1986年のスパッド・ウェブで168cm。
rdfs:label
  • NBAスラムダンクコンテスト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of