Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • NBAサラリーキャップ(NBA salary Cap)とは、アメリカ男子プロバスケットボールリーグのNBAにおいて、各チームが保有する個々の選手の契約額、および全選手の契約年俸の総額を、毎年一定の上限を設けて規定する制度である。金額や条件などに関してはリーグとNBA選手組合との間での取り決めであるCBA(NBA団体協定)で定められている。いくつかの例外条項に限ってサラリーキャップの上限を超えることが認められるソフトキャップを採用している。そのため、キャップを超過した総額での契約が可能であるので、更にその上に超過に応じた課徴金としてラグジュアリータックス(Luxury tax)を設定している。選手を育成しても年俸の上昇によって制限額を超過してしまい、手放さざるをえなくなるという悪循環から逃れる為、ソフトキャップを採用している。実際のサラリーキャップ総額は、リーグの前シーズンの収益から算定され、シーズン毎に変更される。例えば2007-2008シーズンのサラリーキャップは、およそ5,500万US$で、2008-2009シーズンは、5,868万US$であった。多くのプロスポーツリーグと同様に、NBAも財務状況に応じてキャップを設定しており、2014-2015シーズンのサラリーキャップは、6,306.5万US$で、ラグジュアリータックスは7,680万US$であった。2011年のCBA(NBA団体協定)では、将来のシーズンのサラリーキャップは、リーグ収益により変更すると規定されている。2015-16シーズンのキャップは当初、6710万ドルと推定されていたが、結局7,000万ドルの大台にのり、タックスレベルは8,470万ドルに決定した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 805652 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 63141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59150416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • NBAサラリーキャップ(NBA salary Cap)とは、アメリカ男子プロバスケットボールリーグのNBAにおいて、各チームが保有する個々の選手の契約額、および全選手の契約年俸の総額を、毎年一定の上限を設けて規定する制度である。金額や条件などに関してはリーグとNBA選手組合との間での取り決めであるCBA(NBA団体協定)で定められている。いくつかの例外条項に限ってサラリーキャップの上限を超えることが認められるソフトキャップを採用している。そのため、キャップを超過した総額での契約が可能であるので、更にその上に超過に応じた課徴金としてラグジュアリータックス(Luxury tax)を設定している。選手を育成しても年俸の上昇によって制限額を超過してしまい、手放さざるをえなくなるという悪循環から逃れる為、ソフトキャップを採用している。実際のサラリーキャップ総額は、リーグの前シーズンの収益から算定され、シーズン毎に変更される。例えば2007-2008シーズンのサラリーキャップは、およそ5,500万US$で、2008-2009シーズンは、5,868万US$であった。多くのプロスポーツリーグと同様に、NBAも財務状況に応じてキャップを設定しており、2014-2015シーズンのサラリーキャップは、6,306.5万US$で、ラグジュアリータックスは7,680万US$であった。2011年のCBA(NBA団体協定)では、将来のシーズンのサラリーキャップは、リーグ収益により変更すると規定されている。2015-16シーズンのキャップは当初、6710万ドルと推定されていたが、結局7,000万ドルの大台にのり、タックスレベルは8,470万ドルに決定した。
rdfs:label
  • NBAサラリーキャップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of