Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • NBAカンファレンスファイナル (NBA Conference Finals)は、NBAの対戦シリーズの1つであり、NBAファイナルに出場するチームを決定するNBAプレーオフの1シリーズである。東西各カンファレンスの優勝チームを決定する。NBAファイナルを含むプレーオフを、全米チャンピオンを決するトーナメントとして見た場合には準決勝に相当する。NBAカンファレンス決勝と呼ばれることもある。現在のプレーオフには東西8チームずつが出場できるため、カンファレンスファイナルに進出するためには、2回勝ち上がらないといけないが、過去には4チームずつしかプレーオフに出場できなかったため、Divion Finals と呼ばれていた。東カンファレンスと西カンファレンスでそれぞれ行われ、現在の制度では、勝率が上のチームがホームコートアドバンテージを持ち、第1戦、第2戦、第5戦、第7戦を地元で開催する。NBA所属の30チーム中わずか4チームだけが戦うことができる。新興チーム、有望なスターが加入したチームがカンファレンスファイナルまで進出するのも容易ではなく、一人のスーパースターがいただけではなかなか進出できない。代表的な例としては、ケビン・ガーネットが所属していた当時のミネソタ・ティンバーウルブズがあげられる。これまでに最も多くカンファレンスファイナルを制覇しているのはロサンゼルス・レイカーズの30回、続いてボストン・セルティックスの21回である。セルティックスは1957年から1966年の10年連続で制覇している。ウォリアーズ、ピストンズの2チームは東西両方でカンファレンス制覇を果たしている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 705476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47144276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • NBAカンファレンスファイナル (NBA Conference Finals)は、NBAの対戦シリーズの1つであり、NBAファイナルに出場するチームを決定するNBAプレーオフの1シリーズである。東西各カンファレンスの優勝チームを決定する。NBAファイナルを含むプレーオフを、全米チャンピオンを決するトーナメントとして見た場合には準決勝に相当する。NBAカンファレンス決勝と呼ばれることもある。現在のプレーオフには東西8チームずつが出場できるため、カンファレンスファイナルに進出するためには、2回勝ち上がらないといけないが、過去には4チームずつしかプレーオフに出場できなかったため、Divion Finals と呼ばれていた。東カンファレンスと西カンファレンスでそれぞれ行われ、現在の制度では、勝率が上のチームがホームコートアドバンテージを持ち、第1戦、第2戦、第5戦、第7戦を地元で開催する。NBA所属の30チーム中わずか4チームだけが戦うことができる。新興チーム、有望なスターが加入したチームがカンファレンスファイナルまで進出するのも容易ではなく、一人のスーパースターがいただけではなかなか進出できない。代表的な例としては、ケビン・ガーネットが所属していた当時のミネソタ・ティンバーウルブズがあげられる。これまでに最も多くカンファレンスファイナルを制覇しているのはロサンゼルス・レイカーズの30回、続いてボストン・セルティックスの21回である。セルティックスは1957年から1966年の10年連続で制覇している。ウォリアーズ、ピストンズの2チームは東西両方でカンファレンス制覇を果たしている。
rdfs:label
  • NBAカンファレンスファイナル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of