Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • n-ブチルリチウム (n-butyllithium) は有機合成上で重要な有機リチウム化合物である。n-BuLi と略記される。ポリブタジエンやスチレン・ブタジエンゴムなどを得るアニオン重合の開始剤として広く用いられている。有機合成化学においては強塩基、プロトン引き抜き剤やリチオ化剤として広く用いられている。n-ブチルリチウムを含む有機リチウム化合物全体の、世界での年間生産量及び消費量は約1,800トンと見積もられている。
dbpedia-owl:iupacName
  • butyllithium, tetra-μ3-butyl-tetralithium
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 679084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47127827 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:iupac名
  • butyllithium, tetra-μ3-butyl-tetralithium
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
  • Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis; Vol. 1, pp. 899–907.
prop-ja:別称
  • 1 (xsd:integer)
  • NBL, BuLi,
prop-ja:画像
  • N-butyllithium-tetramer-3D-balls.png
prop-ja:画像ファイル
  • N-butyllithium-tetramer-3D.png
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • n-ブチルリチウム (n-butyllithium) は有機合成上で重要な有機リチウム化合物である。n-BuLi と略記される。ポリブタジエンやスチレン・ブタジエンゴムなどを得るアニオン重合の開始剤として広く用いられている。有機合成化学においては強塩基、プロトン引き抜き剤やリチオ化剤として広く用いられている。n-ブチルリチウムを含む有機リチウム化合物全体の、世界での年間生産量及び消費量は約1,800トンと見積もられている。
rdfs:label
  • N-ブチルリチウム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • NBL, BuLi,
  • 1-lithiobutane
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of