Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Moin(モイン)またはMoin moin(モイン・モイン)は、挨拶の言葉のひとつ。もともとは東フリースラント諸島(北ドイツ)、北フリースラント諸島(北ドイツ、一部デンマーク)、フレンスブルク(北ドイツ)、北オランダで話されるフリジア語。おはよう、こんにちは、こんばんは、などに相当し、一日中使うことができる。20世紀前半にドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州北部に広がった。また、オランダ語の方言でも用いられる。1980年代以降、ドイツ語の漫画の登場人物「ヴェルナー」がいつも「moin」と挨拶していたことで、中央ヨーロッパ全体に広まった。この語は、フリジア語の「美しい」を意味する単語“mooi”が起源である。また、moin moinと言ったときの2つめのmoinは、フリジア語で「日」を表す“morn”が起源である。Moinひとつで会ったときの挨拶に一日中使え、地域によっては別れるときにも使うことができる。また、「元気?」「元気、元気」というような意味合いで「moin?」「moin! moin!」と使うこともできる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 420361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46971260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Moin(モイン)またはMoin moin(モイン・モイン)は、挨拶の言葉のひとつ。もともとは東フリースラント諸島(北ドイツ)、北フリースラント諸島(北ドイツ、一部デンマーク)、フレンスブルク(北ドイツ)、北オランダで話されるフリジア語。おはよう、こんにちは、こんばんは、などに相当し、一日中使うことができる。20世紀前半にドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州北部に広がった。また、オランダ語の方言でも用いられる。1980年代以降、ドイツ語の漫画の登場人物「ヴェルナー」がいつも「moin」と挨拶していたことで、中央ヨーロッパ全体に広まった。この語は、フリジア語の「美しい」を意味する単語“mooi”が起源である。また、moin moinと言ったときの2つめのmoinは、フリジア語で「日」を表す“morn”が起源である。Moinひとつで会ったときの挨拶に一日中使え、地域によっては別れるときにも使うことができる。また、「元気?」「元気、元気」というような意味合いで「moin?」「moin! moin!」と使うこともできる。
rdfs:label
  • Moin
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of