Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • メッサーシュミット Me 309は第二次世界大戦時にドイツで試作された単発単座レシプロ戦闘機。Bf109の後継機として1940年試作指示が出され、1942年7月に初飛行した。当時の単発戦闘機としては珍しく意欲的な前輪式降着装置を持ち、胴体に引き込み式の冷却器を備えた洗練されたスタイルであった。しかし、ラジエータの過熱や機体の安定不良など欠点が多く是正作業に取り掛かったが、Me262の優先生産方針もあって4機の試作のみで開発中止になった。試作機の一部はMe262開発のための諸テストに転用された。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 4 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 885761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57898934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • Me 309の模型
prop-ja:初飛行年月日
  • --07-18
prop-ja:名称
  • メッサーシュミット Me 309
prop-ja:生産数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:Me 309.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • メッサーシュミット Me 309は第二次世界大戦時にドイツで試作された単発単座レシプロ戦闘機。Bf109の後継機として1940年試作指示が出され、1942年7月に初飛行した。当時の単発戦闘機としては珍しく意欲的な前輪式降着装置を持ち、胴体に引き込み式の冷却器を備えた洗練されたスタイルであった。しかし、ラジエータの過熱や機体の安定不良など欠点が多く是正作業に取り掛かったが、Me262の優先生産方針もあって4機の試作のみで開発中止になった。試作機の一部はMe262開発のための諸テストに転用された。
rdfs:label
  • Me 309 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • メッサーシュミット Me 309
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of