Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Macintosh Classic(マッキントッシュ・クラシック)はアップルのパーソナルコンピュータの一機種。1990年10月14日に発表され、Macintoshとしては1000ドルを切る初の製品だった。この形状のパソコンとしてはMacintosh Plus、Macintosh SEの後継機に当たる。構成も良く似ており、9インチ (23 cm)で白黒のCRT、512×342 ピクセルの解像度、最大搭載可能メモリは4 MBだった。新しい技術は極力盛り込まず、例えばCPUは新型のMC68010にせず、メモリ最大搭載量も増やさず、カラーディスプレイにもせず、低い定価とすることに重点を置いた。Macintosh Plusから改善された点もある。速度が25%向上し、SuperDriveと呼ばれる3.5インチのフロッピーディスクが搭載された。これらの結果、アップルのローエンド機の座を取って替わることになった。Macintosh Classicは、1984年にジェリー・マノックとテリー・オヤマが設計したMacintosh 128Kから始まりSEへと受け継がれてきたデザインを踏襲していた。アップルは1000ドルと1500ドルの2機種を用意した。当初の評論家の評価はさまざまだった。旧式のプロセッサーを使い、拡張スロットが少ないことには批判が多かった。批判的な人からは、Macintosh Classicが役に立つのはせいぜいワープロ、表計算、データベースとしてぐらいだろうという意見が多かった。一方で、低価格であったため、特に教育用パソコンとして人気があった。1991年に後継機種のMacintosh Classic IIが出た後も、その翌年に生産停止となるまで売れ続けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2224919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59062419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:baseprice
  • 999 (xsd:integer)
prop-ja:developer
prop-ja:discontinued
  • --09-14
prop-ja:name
  • Macintosh Classic
prop-ja:os
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:photo
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:processor
  • MC68000 8 MHz
prop-ja:released
  • --10-15
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Macintosh Classic(マッキントッシュ・クラシック)はアップルのパーソナルコンピュータの一機種。1990年10月14日に発表され、Macintoshとしては1000ドルを切る初の製品だった。この形状のパソコンとしてはMacintosh Plus、Macintosh SEの後継機に当たる。構成も良く似ており、9インチ (23 cm)で白黒のCRT、512×342 ピクセルの解像度、最大搭載可能メモリは4 MBだった。新しい技術は極力盛り込まず、例えばCPUは新型のMC68010にせず、メモリ最大搭載量も増やさず、カラーディスプレイにもせず、低い定価とすることに重点を置いた。Macintosh Plusから改善された点もある。速度が25%向上し、SuperDriveと呼ばれる3.5インチのフロッピーディスクが搭載された。これらの結果、アップルのローエンド機の座を取って替わることになった。Macintosh Classicは、1984年にジェリー・マノックとテリー・オヤマが設計したMacintosh 128Kから始まりSEへと受け継がれてきたデザインを踏襲していた。アップルは1000ドルと1500ドルの2機種を用意した。当初の評論家の評価はさまざまだった。旧式のプロセッサーを使い、拡張スロットが少ないことには批判が多かった。批判的な人からは、Macintosh Classicが役に立つのはせいぜいワープロ、表計算、データベースとしてぐらいだろうという意見が多かった。一方で、低価格であったため、特に教育用パソコンとして人気があった。1991年に後継機種のMacintosh Classic IIが出た後も、その翌年に生産停止となるまで売れ続けた。
rdfs:label
  • Macintosh Classic
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of