Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Macintosh 512Kは、アップルコンピュータから発売されたパーソナルコンピュータで、長きにわたるMacintoshの歴史の中で2番目となる製品である。最初のMacintosh 128Kとの主な違いは搭載されたメモリの量が4倍(128KBから512KB)になっただけで、実質的には128Kと同じ製品であった。この「大きな成長」からFat Mac(太ったマック)という愛称を持っている。日本では1985年にMacintoshの代理店でもあったキヤノン販売が512Kに漢字ROMを搭載し日本語を扱えるようにしたDynaMac(ダイナマック)を提供していた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2225418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48401928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:col
prop-ja:col1footer
  • 前のファミリー向けモデル
prop-ja:col1header
  • 前のモデル
prop-ja:col2footer
  • --09-10
prop-ja:col2header
  • このモデル
prop-ja:col3footer
  • 次のファミリー向けモデル
prop-ja:col3header
  • 次のモデル
prop-ja:colstyle
  • text-align:center;background:silver;
prop-ja:colwidth
  • 25.0
prop-ja:cpu
prop-ja:cpuspeed
  • 8.0
prop-ja:discontinued
  • --04-14
prop-ja:introduced
  • --09-10
prop-ja:msrp
  • 2795 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Navbox with columns/doc
prop-ja:os
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ram
  • 512 (xsd:integer)
prop-ja:ramtype
  • 内蔵
prop-ja:state
  • uncollapsed
prop-ja:title
  • アップルのモデル
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Macintosh 512Kは、アップルコンピュータから発売されたパーソナルコンピュータで、長きにわたるMacintoshの歴史の中で2番目となる製品である。最初のMacintosh 128Kとの主な違いは搭載されたメモリの量が4倍(128KBから512KB)になっただけで、実質的には128Kと同じ製品であった。この「大きな成長」からFat Mac(太ったマック)という愛称を持っている。日本では1985年にMacintoshの代理店でもあったキヤノン販売が512Kに漢字ROMを搭載し日本語を扱えるようにしたDynaMac(ダイナマック)を提供していた。
rdfs:label
  • Macintosh 512K
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:col of
is foaf:primaryTopic of