Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • MSXturboR(エム・エス・エックス・ターボアール)とはMSX規格の一つで、MSX2+の後継規格として1990年に発表された。16ビットのCPU、R800を採用したことが特徴。turboRのRは、R800のRである。これまでオプション搭載だったMSX-DOS2、MSX-JE、MSX-MUSICが規格として標準搭載になる。一連のMSX規格で、最後の規格となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2074491 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55946560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • MSXturboR(エム・エス・エックス・ターボアール)とはMSX規格の一つで、MSX2+の後継規格として1990年に発表された。16ビットのCPU、R800を採用したことが特徴。turboRのRは、R800のRである。これまでオプション搭載だったMSX-DOS2、MSX-JE、MSX-MUSICが規格として標準搭載になる。一連のMSX規格で、最後の規格となった。
rdfs:label
  • MSXturboR
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:computingPlatform of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:plat of
is foaf:primaryTopic of