MSX2(エム・エス・エックス・ツー)とはMSX規格の一つで、1985年に発表され、6月から規格適合機種が発売された。 後方互換性に配慮しつつ、従来の初代規格と比べ、主にグラフィック機能が大幅に強化された。後述の様に規格の末期には低価格路線を推し進めたことでユーザー数が大幅に増加したことや、後継となった規格のMSX2+が性能的にほぼ据え置きとなったこともあり、一連のMSX規格のうち事実上の標準と見なされることもある。

Property Value
dbo:abstract
  • MSX2(エム・エス・エックス・ツー)とはMSX規格の一つで、1985年に発表され、6月から規格適合機種が発売された。 後方互換性に配慮しつつ、従来の初代規格と比べ、主にグラフィック機能が大幅に強化された。後述の様に規格の末期には低価格路線を推し進めたことでユーザー数が大幅に増加したことや、後継となった規格のMSX2+が性能的にほぼ据え置きとなったこともあり、一連のMSX規格のうち事実上の標準と見なされることもある。 (ja)
  • MSX2(エム・エス・エックス・ツー)とはMSX規格の一つで、1985年に発表され、6月から規格適合機種が発売された。 後方互換性に配慮しつつ、従来の初代規格と比べ、主にグラフィック機能が大幅に強化された。後述の様に規格の末期には低価格路線を推し進めたことでユーザー数が大幅に増加したことや、後継となった規格のMSX2+が性能的にほぼ据え置きとなったこともあり、一連のMSX規格のうち事実上の標準と見なされることもある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 62823 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13043 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81524249 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • MSX2(エム・エス・エックス・ツー)とはMSX規格の一つで、1985年に発表され、6月から規格適合機種が発売された。 後方互換性に配慮しつつ、従来の初代規格と比べ、主にグラフィック機能が大幅に強化された。後述の様に規格の末期には低価格路線を推し進めたことでユーザー数が大幅に増加したことや、後継となった規格のMSX2+が性能的にほぼ据え置きとなったこともあり、一連のMSX規格のうち事実上の標準と見なされることもある。 (ja)
  • MSX2(エム・エス・エックス・ツー)とはMSX規格の一つで、1985年に発表され、6月から規格適合機種が発売された。 後方互換性に配慮しつつ、従来の初代規格と比べ、主にグラフィック機能が大幅に強化された。後述の様に規格の末期には低価格路線を推し進めたことでユーザー数が大幅に増加したことや、後継となった規格のMSX2+が性能的にほぼ据え置きとなったこともあり、一連のMSX規格のうち事実上の標準と見なされることもある。 (ja)
rdfs:label
  • MSX2 (ja)
  • MSX2 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingMedia of
is dbo:computingPlatform of
is dbo:publisher of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:media of
is prop-ja:plat of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:対応機種 of
is foaf:primaryTopic of