Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • モラーヌ・ソルニエ MS.406(Morane-Saulnier M.S.406)は第二次世界大戦初期のフランスの戦闘機である。1934年7月のフランス戦闘機の近代化計画で採用された。1935年8月8日に初飛行したMS.405の改良型として、1938年に大量生産が開始された。低翼単葉、引き込み脚、密閉風防を採用しているが、胴体後部は羽布張りの構造であった。第二次大戦開戦時に約600機が軍に引き渡されており、P-36とともにドイツ空軍機と戦った。エンジンの馬力不足による低速、機関砲他のシステムの信頼性不足により劣勢であったものの、1940年6月8日に、ロベール・ウィヤム大尉が操縦するMS.406は3機のBf109を15秒で撃墜した。フランスにおける戦闘で合計150機のMS.406が撃墜されたのに対し、敵機は191機が撃墜され、おそらく89名が死亡した。約100機のMS.406は地上で破壊され、他の50機は敵の手におちるのを防ぐため、パイロットによって破壊された。フランス以外でもスイス、フィンランド、トルコなどで運用され、特にフィンランド空軍で使用された機体は、継続戦争時にソ連空軍から鹵獲した同じイスパノ・スイザ系のM-105Pエンジン(出力1,100hp)に換装され、最大速度522km/h、実用上昇限度12,000mと性能が向上し、「メルケ・モラーヌ(Mörkö Morane、メルケとはフィンランド語で「お化け」の意)」またLaGG-3と同じエンジンだったことから「ラグ・モラーヌ」 と呼ばれ、ソ連相手に奮戦した。
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 155976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48449388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • D-3801(スイスでライセンス生産されたモデル)
prop-ja:初飛行年月日
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • モラーヌ・ソルニエ M.S.406
prop-ja:生産数
  • 1176 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • Image:Morane D-3801 J-143.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:運用者More
  • **(フランス空軍) ** ** **
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • モラーヌ・ソルニエ MS.406(Morane-Saulnier M.S.406)は第二次世界大戦初期のフランスの戦闘機である。1934年7月のフランス戦闘機の近代化計画で採用された。1935年8月8日に初飛行したMS.405の改良型として、1938年に大量生産が開始された。低翼単葉、引き込み脚、密閉風防を採用しているが、胴体後部は羽布張りの構造であった。第二次大戦開戦時に約600機が軍に引き渡されており、P-36とともにドイツ空軍機と戦った。エンジンの馬力不足による低速、機関砲他のシステムの信頼性不足により劣勢であったものの、1940年6月8日に、ロベール・ウィヤム大尉が操縦するMS.406は3機のBf109を15秒で撃墜した。フランスにおける戦闘で合計150機のMS.406が撃墜されたのに対し、敵機は191機が撃墜され、おそらく89名が死亡した。約100機のMS.406は地上で破壊され、他の50機は敵の手におちるのを防ぐため、パイロットによって破壊された。フランス以外でもスイス、フィンランド、トルコなどで運用され、特にフィンランド空軍で使用された機体は、継続戦争時にソ連空軍から鹵獲した同じイスパノ・スイザ系のM-105Pエンジン(出力1,100hp)に換装され、最大速度522km/h、実用上昇限度12,000mと性能が向上し、「メルケ・モラーヌ(Mörkö Morane、メルケとはフィンランド語で「お化け」の意)」またLaGG-3と同じエンジンだったことから「ラグ・モラーヌ」 と呼ばれ、ソ連相手に奮戦した。
rdfs:label
  • MS406 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • モラーヌ・ソルニエ M.S.406
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of