MP 40(ドイツ語:Maschinenpistole 40 (マシーネンピストーレ・フィーアツィヒ)およびは、ナチス・ドイツの時代に開発された短機関銃である。第二次世界大戦中、ドイツ国防軍やドイツから供給を受けた枢軸国軍などで広く用いられた。 MP18やトンプソン・サブマシンガンなど従来の短機関銃と比較して、鋼板プレス加工やプラスチックを利用してコストダウンが図られている。このデザインは連合国側の銃器設計思想にも影響を与えた。

Property Value
dbo:abstract
  • MP 40(ドイツ語:Maschinenpistole 40 (マシーネンピストーレ・フィーアツィヒ)およびは、ナチス・ドイツの時代に開発された短機関銃である。第二次世界大戦中、ドイツ国防軍やドイツから供給を受けた枢軸国軍などで広く用いられた。 MP18やトンプソン・サブマシンガンなど従来の短機関銃と比較して、鋼板プレス加工やプラスチックを利用してコストダウンが図られている。このデザインは連合国側の銃器設計思想にも影響を与えた。 (ja)
  • MP 40(ドイツ語:Maschinenpistole 40 (マシーネンピストーレ・フィーアツィヒ)およびは、ナチス・ドイツの時代に開発された短機関銃である。第二次世界大戦中、ドイツ国防軍やドイツから供給を受けた枢軸国軍などで広く用いられた。 MP18やトンプソン・サブマシンガンなど従来の短機関銃と比較して、鋼板プレス加工やプラスチックを利用してコストダウンが図られている。このデザインは連合国側の銃器設計思想にも影響を与えた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 268735 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14152 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79674117 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • [[#バリエーション (ja)
  • [[#バリエーション (ja)
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:全長
  • 630 (xsd:integer)
prop-ja:口径
  • 9.0
prop-ja:名称
  • MP 40 (ja)
  • MP 40 (ja)
prop-ja:年代
prop-ja:戦争
prop-ja:有効射程
  • 100m (ja)
  • 100m (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:種別
  • 短機関銃 (ja)
  • 短機関銃 (ja)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • 推定100万丁以上 (ja)
  • 推定100万丁以上 (ja)
prop-ja:製造期間
  • 1938 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
  • エルマ・ベルケ(開発メーカー)、ヘーネル、ステアー(オーストリア)なお、この銃を、シュマイザーMP40と表記する書籍があるが、これは、イギリスの情報部が間違えて報告したため、広まってしまった。 (ja)
  • エルマ・ベルケ(開発メーカー)、ヘーネル、ステアー(オーストリア)なお、この銃を、シュマイザーMP40と表記する書籍があるが、これは、イギリスの情報部が間違えて報告したため、広まってしまった。 (ja)
prop-ja:設計年
  • 1938 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • MP 40 (ja)
  • MP 40 (ja)
prop-ja:配備先
prop-ja:配備期間
  • 1938 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 4025.0
prop-ja:銃口初速
  • 380 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 251.0
dct:subject
rdfs:comment
  • MP 40(ドイツ語:Maschinenpistole 40 (マシーネンピストーレ・フィーアツィヒ)およびは、ナチス・ドイツの時代に開発された短機関銃である。第二次世界大戦中、ドイツ国防軍やドイツから供給を受けた枢軸国軍などで広く用いられた。 MP18やトンプソン・サブマシンガンなど従来の短機関銃と比較して、鋼板プレス加工やプラスチックを利用してコストダウンが図られている。このデザインは連合国側の銃器設計思想にも影響を与えた。 (ja)
  • MP 40(ドイツ語:Maschinenpistole 40 (マシーネンピストーレ・フィーアツィヒ)およびは、ナチス・ドイツの時代に開発された短機関銃である。第二次世界大戦中、ドイツ国防軍やドイツから供給を受けた枢軸国軍などで広く用いられた。 MP18やトンプソン・サブマシンガンなど従来の短機関銃と比較して、鋼板プレス加工やプラスチックを利用してコストダウンが図られている。このデザインは連合国側の銃器設計思想にも影響を与えた。 (ja)
rdfs:label
  • MP40 (ja)
  • MP40 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of