Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • MIX とは、ドナルド・クヌースが著書 The Art of Computer Programming (TAOCP) で使った仮想計算機である。MIX のモデル番号は 1009 であり、これは当時著者が重要と考えた各種商用コンピュータのモデル番号や名称にある番号を組み合わせて得られた数字である。また、MIX をローマ数字で解釈すると 1009 になる。1960年代に生まれた MIX は、今後の TAOCP の版では MMIX という新たな(仮想の)コンピュータアーキテクチャで置換される予定である。MIX と MMIX のソフトウェア実装(MIXware および MMIXware)はクヌースが開発しており、自由に利用可能となっている。クヌースの MIX/MMIX エミュレータからの派生版も存在する。GNU MDK がその一例で、フリーソフトウェアとして幅広いプラットフォーム上で動作する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1318115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58132520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • MIX とは、ドナルド・クヌースが著書 The Art of Computer Programming (TAOCP) で使った仮想計算機である。MIX のモデル番号は 1009 であり、これは当時著者が重要と考えた各種商用コンピュータのモデル番号や名称にある番号を組み合わせて得られた数字である。また、MIX をローマ数字で解釈すると 1009 になる。1960年代に生まれた MIX は、今後の TAOCP の版では MMIX という新たな(仮想の)コンピュータアーキテクチャで置換される予定である。MIX と MMIX のソフトウェア実装(MIXware および MMIXware)はクヌースが開発しており、自由に利用可能となっている。クヌースの MIX/MMIX エミュレータからの派生版も存在する。GNU MDK がその一例で、フリーソフトウェアとして幅広いプラットフォーム上で動作する。
rdfs:label
  • MIX (プログラミング)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of