Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • MG 151は、1940年にナチス政権下のドイツでマウザー(Mauser)社が開発、製造した機関砲。第二次世界大戦中、メッサーシュミット Bf109(Me 109)やフォッケウルフ Fw190などドイツを代表する戦闘機だけでなく、爆撃機などドイツ空軍の航空機関砲の1つとして幅広く装備された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 377613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58041616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
  • クローズ・ボルトおよびショートリコイル
prop-ja:口径
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • MG 151 機関砲
prop-ja:年代
prop-ja:戦争
  • 第二次大戦
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 毎分780-800発
prop-ja:砲口初速
  • 790 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • MG 151 機関砲(写真は20mm口径のMG 151/20)
prop-ja:配備先
prop-ja:銃身長
  • 1710.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • MG 151は、1940年にナチス政権下のドイツでマウザー(Mauser)社が開発、製造した機関砲。第二次世界大戦中、メッサーシュミット Bf109(Me 109)やフォッケウルフ Fw190などドイツを代表する戦闘機だけでなく、爆撃機などドイツ空軍の航空機関砲の1つとして幅広く装備された。
rdfs:label
  • MG 151 機関砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of