Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • MGM-29 サージェント(英: Sergeant)はアメリカ合衆国のジェット推進研究所 (JPL) で開発された短距離弾道ミサイルである。固体燃料ロケットで推進し、W52核弾頭を搭載できた。MGM-5 コーポラルを更新するために1962年6月にアメリカ陸軍で運用が開始され、1963年までにアメリカ国外に配備された。サージェントは後にMGM-52 ランスに更新され、アメリカ陸軍の最後のサージェント大隊は1977年5月に解散した。サージェントはスカウト衛星打ち上げの第2段として使われ、サージェントから派生したロケット・モーターがジュピターC気象観測用ロケットとジュノー I 打ち上げロケットの第2段及び第3段で使用された。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 短距離弾道ミサイル、核ミサイル
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1031163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49563295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • 発射態勢のMGM-29A サージェント
prop-ja:分類
prop-ja:名称
  • MGM-29 サージェント
prop-ja:生産数
  • 約500基
prop-ja:生産開始年月日
  • 1956 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 地対地戦域攻撃
prop-ja:画像
  • Image:MGM-29 Sergeant 04.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
prop-ja:退役年月日
  • 1977 (xsd:integer)
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者
  • (アメリカ陸軍)
prop-ja:運用開始年月日
  • 1962 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • MGM-29 サージェント(英: Sergeant)はアメリカ合衆国のジェット推進研究所 (JPL) で開発された短距離弾道ミサイルである。固体燃料ロケットで推進し、W52核弾頭を搭載できた。MGM-5 コーポラルを更新するために1962年6月にアメリカ陸軍で運用が開始され、1963年までにアメリカ国外に配備された。サージェントは後にMGM-52 ランスに更新され、アメリカ陸軍の最後のサージェント大隊は1977年5月に解散した。サージェントはスカウト衛星打ち上げの第2段として使われ、サージェントから派生したロケット・モーターがジュピターC気象観測用ロケットとジュノー I 打ち上げロケットの第2段及び第3段で使用された。
rdfs:label
  • MGM-29 (ミサイル)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • MGM-29 サージェント
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:stage2name of
is prop-ja:stage3name of
is prop-ja:stage4name of
is foaf:primaryTopic of