Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M7グレネードランチャー(M7 grenade launcher)は、M1ガーランド小銃用に開発された22mmソケット型小銃擲弾発射器である。第二次世界大戦や朝鮮戦争で広く使われた。制式名称はRifle Grenade Launcher, M7(M7小銃擲弾発射器)。発射には空包を用いる。通常の手榴弾の投擲可能距離は30m程度だったが、M7発射器を使用した場合の射程は350m程度だったとされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2848154 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56141705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • M7グレネードランチャーを装着したM1ガーランド小銃で発射姿勢を取る米兵。訓練弾なので、ワイヤで繋がれている
prop-ja:name
  • M7グレネードランチャー
prop-ja:service
  • 1943 (xsd:integer)
prop-ja:type
prop-ja:usedBy
prop-ja:wars
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • M7グレネードランチャー(M7 grenade launcher)は、M1ガーランド小銃用に開発された22mmソケット型小銃擲弾発射器である。第二次世界大戦や朝鮮戦争で広く使われた。制式名称はRifle Grenade Launcher, M7(M7小銃擲弾発射器)。発射には空包を用いる。通常の手榴弾の投擲可能距離は30m程度だったが、M7発射器を使用した場合の射程は350m程度だったとされる。
rdfs:label
  • M7グレネードランチャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of