Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M5(エムファイブ)とは、1982年にソード(後の東芝パソコンシステム)が開発・発売したパソコンである。主に電器店で販売された。また、同時期に、タカラ(後のタカラトミー)からOEMとして、ゲームパッドを付けたゲーム仕様のゲームパソコンが発売され、玩具店ルートで販売された。タカラは後にゲームパッドを除いたゲームパソコンM5を販売した。ソードから発売された製品はm5で小文字のmだが、タカラから発売されたゲームパソコンM5は大文字のMである。ロムカートリッジとカセットテープによるゲームの供給も行われ、特にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)製アーケードゲームが多数移植された。初年度に10万台以上と当時のパソコンとしては大ヒットしたが、1983年にMSXや任天堂のファミリーコンピュータが発売されると販売が振るわなくなり、1年半後の1984年に市場から撤退した。広告キャラクターは、森尾由美。Apple IIの様に各種仕様を公開したので和製Apple IIとも呼ばれ、熱心なホビーユーザーの支持を得た。韓国ではゴールドスター(金星電子)がFC-150という名称で販売。また東欧諸国でも互換機が販売された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 547369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56430613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cpu
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コントローラ
  • ケーブル
prop-ja:ストレージ
prop-ja:メディア
prop-ja:メーカー
prop-ja:世代
prop-ja:互換ハード
  • M5Pro / M5Jr.
prop-ja:名称
  • M5
prop-ja:外部接続
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • SORD M5
prop-ja:発売日
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:種別
dcterms:subject
rdfs:comment
  • M5(エムファイブ)とは、1982年にソード(後の東芝パソコンシステム)が開発・発売したパソコンである。主に電器店で販売された。また、同時期に、タカラ(後のタカラトミー)からOEMとして、ゲームパッドを付けたゲーム仕様のゲームパソコンが発売され、玩具店ルートで販売された。タカラは後にゲームパッドを除いたゲームパソコンM5を販売した。ソードから発売された製品はm5で小文字のmだが、タカラから発売されたゲームパソコンM5は大文字のMである。ロムカートリッジとカセットテープによるゲームの供給も行われ、特にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)製アーケードゲームが多数移植された。初年度に10万台以上と当時のパソコンとしては大ヒットしたが、1983年にMSXや任天堂のファミリーコンピュータが発売されると販売が振るわなくなり、1年半後の1984年に市場から撤退した。広告キャラクターは、森尾由美。Apple IIの様に各種仕様を公開したので和製Apple IIとも呼ばれ、熱心なホビーユーザーの支持を得た。韓国ではゴールドスター(金星電子)がFC-150という名称で販売。また東欧諸国でも互換機が販売された。
rdfs:label
  • M5 (コンピュータ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:computingPlatform of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:plat of
is prop-ja:備考 of
is foaf:primaryTopic of