Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M3 (NGC5272) はりょうけん座にある球状星団である。1764年5月3日にシャルル・メシエによって発見された。メシエは口径12cmの望遠鏡で観察し「星がない星雲で中心部がよく輝く。周辺は次第に薄れ、まるい」と記録している。ウィリアム・ハーシェルは「径5'~6'のきれいな星団」とした。ジョン・ハーシェルは「11~12等級の星が直線上に連なり。不規則な突起を見る」とした。スミスは「よく輝く。1000個を下らぬ星塊。中心部ほどすばらしい輝き。星が非常に密集して外にまばらに伸びている東南部を除いてあらゆる方向に枝を出していて、正しく"くらげ"のようだ」とした。ロス卿は「中心からあらゆる方向に突起がでて、中心部には暗い穴が数個ある」とした。大きく明るい球状星団の一つで、およそ500,000の星からなる。地球からの距離は約33900光年。見かけの等級は6.2だが肉眼では5.8等であるとする人もおり、ぎりぎり最良の観測地では肉眼で見えるとする人もいる。ただその際、隣の6等級の恒星との分離が難しい。変光星が多い星団で現在200個以上の変光星が発見されている。そのほとんどがこと座RR型変光星である。M22と同様に、星の光度がほとんど平均している。毎秒150kmの速さで地球に近づいている。望遠鏡での観測では低倍率で注意深く観測すれば中心部が桃色に、その外側は緑色が見えるとする人がいるが、これは論議になっている。周辺の星は口径8cm程度の望遠鏡に高倍率をかけると見え始める。口径5cmの双眼鏡で見えたという人もいる。マラスは口径10cmの望遠鏡で見て「壮観。ひどく密集。中心は明るく2個の光点をみる。まるい光輪にとり囲まれ、外側は次第にうすれている。数個の外側の星が見え、中央のザラザラした感じは大口径で見える星であろう」とした。径15cmで全体の2/3が星に分けられ、口径20cmで中心に光った核が見え始める。さらに、口径25cmで中心部以外のほとんどの星が分離できる。口径40cm程度で中心部まで分離できる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 265859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1543 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58178227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:元期
prop-ja:別名称
  • NGC 5272
prop-ja:年齢
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:星座
  • りょうけん座
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Messier_object_003.jpg
prop-ja:直径
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:
  • globular cluster
prop-ja:視直径
  • 18'
prop-ja:視等級
  • +6.2
prop-ja:距離
  • 33900 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • M3 (NGC5272) はりょうけん座にある球状星団である。1764年5月3日にシャルル・メシエによって発見された。メシエは口径12cmの望遠鏡で観察し「星がない星雲で中心部がよく輝く。周辺は次第に薄れ、まるい」と記録している。ウィリアム・ハーシェルは「径5'~6'のきれいな星団」とした。ジョン・ハーシェルは「11~12等級の星が直線上に連なり。不規則な突起を見る」とした。スミスは「よく輝く。1000個を下らぬ星塊。中心部ほどすばらしい輝き。星が非常に密集して外にまばらに伸びている東南部を除いてあらゆる方向に枝を出していて、正しく"くらげ"のようだ」とした。ロス卿は「中心からあらゆる方向に突起がでて、中心部には暗い穴が数個ある」とした。大きく明るい球状星団の一つで、およそ500,000の星からなる。地球からの距離は約33900光年。見かけの等級は6.2だが肉眼では5.8等であるとする人もおり、ぎりぎり最良の観測地では肉眼で見えるとする人もいる。ただその際、隣の6等級の恒星との分離が難しい。変光星が多い星団で現在200個以上の変光星が発見されている。そのほとんどがこと座RR型変光星である。M22と同様に、星の光度がほとんど平均している。毎秒150kmの速さで地球に近づいている。望遠鏡での観測では低倍率で注意深く観測すれば中心部が桃色に、その外側は緑色が見えるとする人がいるが、これは論議になっている。周辺の星は口径8cm程度の望遠鏡に高倍率をかけると見え始める。口径5cmの双眼鏡で見えたという人もいる。マラスは口径10cmの望遠鏡で見て「壮観。ひどく密集。中心は明るく2個の光点をみる。まるい光輪にとり囲まれ、外側は次第にうすれている。数個の外側の星が見え、中央のザラザラした感じは大口径で見える星であろう」とした。径15cmで全体の2/3が星に分けられ、口径20cmで中心に光った核が見え始める。さらに、口径25cmで中心部以外のほとんどの星が分離できる。口径40cm程度で中心部まで分離できる。
rdfs:label
  • M3 (天体)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of