Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M202 FLASH(Flame Assault Shoulder Weapon)は、第二次世界大戦以前の火炎放射器を代替する焼夷兵器として1960年代に開発されたアメリカ製の携行ロケットランチャーである。M202は、ベトナム戦争で試験運用された試作のXM191 ナパームロケットランチャーを基に設計された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2271489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3697 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58605586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:action
  • 単発
prop-ja:caliber
  • 66.0
prop-ja:cartridge
  • M235焼夷弾
prop-ja:designDate
  • 1970 (xsd:integer)
prop-ja:feed
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:isExplosive
  • yes
prop-ja:isRanged
  • yes
prop-ja:length
  • 収納時:686mm
  • 展開時:883mm
prop-ja:maxRange
  • 200 (xsd:integer)
  • 750 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • M202 FLASH
prop-ja:productionDate
  • 1978 (xsd:integer)
prop-ja:range
  • 1200.0
prop-ja:sights
  • Reflex
prop-ja:type
  • 多連装焼夷ロケットランチャー
prop-ja:variants
  • M202 M202A1
prop-ja:velocity
  • 114.0
prop-ja:weight
  • 満載重量:12.07kg
  • 空虚重量:5.22kg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • M202 FLASH(Flame Assault Shoulder Weapon)は、第二次世界大戦以前の火炎放射器を代替する焼夷兵器として1960年代に開発されたアメリカ製の携行ロケットランチャーである。M202は、ベトナム戦争で試験運用された試作のXM191 ナパームロケットランチャーを基に設計された。
rdfs:label
  • M202ロケットランチャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of