Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M1911は、ジョン・ブローニングの設計に基づき、アメリカ合衆国のコルト・ファイヤーアームズ(コルト)社が開発した軍用自動拳銃である。1911年の正式採用から1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そして、ベトナム戦争で用いられた。広く知られた通称である「コルト・ガバメント(Colt Government)」は、民間モデルが「ガバメント・モデル(官給型)」という名称で発売されたことに由来する。兵士の間では「ハンド・キャノン」の愛称で呼ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 119498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59133778 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 0.450000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 216.0
prop-ja:口径
  • 0.450000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • M1911
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:種別
  • 自動拳銃
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • M1911(1912年頃のモデル)
prop-ja:重量
  • 1130.0
prop-ja:銃身長
  • 127.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • M1911は、ジョン・ブローニングの設計に基づき、アメリカ合衆国のコルト・ファイヤーアームズ(コルト)社が開発した軍用自動拳銃である。1911年の正式採用から1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そして、ベトナム戦争で用いられた。広く知られた通称である「コルト・ガバメント(Colt Government)」は、民間モデルが「ガバメント・モデル(官給型)」という名称で発売されたことに由来する。兵士の間では「ハンド・キャノン」の愛称で呼ばれた。
rdfs:label
  • M1911
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:data of
is prop-ja:strength of
is foaf:primaryTopic of