Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M1897 75mm野砲(仏: Canon de 75 modèle 1897)は、フランスが1897年に採用した口径75mmの野砲である。世界で初めて液気圧式駐退復座機を搭載した大砲の一大革命児であり、既存の火砲と比較して飛躍的に連射速度が上昇した。製造国のフランスをはじめとしてアメリカやポーランドなどが採用し、第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけて用いられた。M1897は、フランスの国営兵器工廠が製造しておりシュナイダー社は開発に関与していないため、シュナイダー社が設計したM1912 75mm野砲やM1914 75mm野砲とは直接には関係ない。M1912やM1914はM1897用の砲弾と薬莢が使用可能であり、M1897よりも小型軽量であるが構造が複雑であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1509043 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59116648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:俯仰角
  • -11 (xsd:integer)
prop-ja:初速
  • 500.0
prop-ja:口径
  • 75.0
prop-ja:旋回角
  • 左右6°
prop-ja:有効射程
  • 8550 (xsd:integer)
prop-ja:生産期間
  • 1897 (xsd:integer)
prop-ja:生産総数
  • 21000 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:砲員数
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:砲弾
  • 75 (xsd:integer)
prop-ja:砲身長
  • 2700 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:重量
  • 1544.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • M1897 75mm野砲(仏: Canon de 75 modèle 1897)は、フランスが1897年に採用した口径75mmの野砲である。世界で初めて液気圧式駐退復座機を搭載した大砲の一大革命児であり、既存の火砲と比較して飛躍的に連射速度が上昇した。製造国のフランスをはじめとしてアメリカやポーランドなどが採用し、第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけて用いられた。M1897は、フランスの国営兵器工廠が製造しておりシュナイダー社は開発に関与していないため、シュナイダー社が設計したM1912 75mm野砲やM1914 75mm野砲とは直接には関係ない。M1912やM1914はM1897用の砲弾と薬莢が使用可能であり、M1897よりも小型軽量であるが構造が複雑であった。
rdfs:label
  • M1897 75mm野砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:primaryArmament of
is prop-ja:主砲 of
is foaf:primaryTopic of