Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M103 (NGC581) は、カシオペヤ座にある散開星団である。距離8000光年。1781年にメシャンが発見した。メシエ自身の手で編纂されたメシエカタログはこのM103までであった。1783年に出版されたカタログには当初M100までをまとめる予定であったが、出版までの間に発見されたM101~M103を急遽カタログに追加した。メシャンは「カシオペアの足のδとεの間にある星団」と記している。ジョン・ハーシェルは「明るくかなり大きい」とした。スミスは「均整がとれ重星があり、Σ131は黄と青の一対。位置角141°、角距離14.4"(1832年)。扇形で北後続の部分で星がはっきり分岐する。きわめて多くの星の流れが見える。四方に枝分かれし、主な枝の星の光度は7~9等程度。明るい8等の赤い星が南に続く」とした。ウェッブは「δのわずか1°北。視野は美しくΣ131と赤色星をふくむ」とした。散開星団に分類されているが、偶然同じ方向に星が集まっているのではないかとする説もある。6個の10等星、11~12等級は25個ある双眼鏡で存在が明らかとなるが数個の星が微かにわかる程度である。口径8cmの望遠鏡で星雲状に見えてくる。微星を見るには最低口径10cmの望遠鏡を必要とする。10cm屈折でマラスは「壮観。矢の頭のようだ」と表現している。赤色星とΣ131を結ぶ線が矢の頭をつくっているように見える。右の写真では赤色星は写真の上の方にある星で(あまり赤く写っていない)、Σ131はさらのその上にある。M103の周辺には同じような星の集まりが多数あり、しっかり位置を確認していないと間違いやすい。δとεの間に多数の散開星団があり、特に最大の星団であるNGC 663は光度もあり星数も多く、M103よりも星団らしい星団である。こちらは双眼鏡でも容易に観測でき、メシエ天体を紹介した書籍やポスターなどでも、よく間違えて記載されることがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 299677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58966898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:位置画像
  • Cassiopeia constellation map.png
prop-ja:元期
  • J2000.0
prop-ja:分類
  • 散開星団
prop-ja:別名称
  • NGC 581, Mel 8
prop-ja:和名
  • M103
prop-ja:固有運動
  • 赤経: -1.20 ミリ秒/年
  • 赤緯: 0.65 ミリ秒/年
prop-ja:年齢
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:星座
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Messier_object_103.jpg
prop-ja:画像説明
  • M103
  • M103の位置
prop-ja:発見方法
  • 望遠鏡による観測
prop-ja:発見日
  • 1781 (xsd:integer)
prop-ja:発見者
  • ピエール・メシャン
prop-ja:
  • 星団
prop-ja:英名
  • Messier 103
prop-ja:視直径
  • 6.0'
prop-ja:視等級
  • 7.400000 (xsd:double)
prop-ja:視線速度
  • -40.42
prop-ja:赤方偏移
  • -0.000135 (xsd:double)
prop-ja:距離
  • 8500 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • M103 (NGC581) は、カシオペヤ座にある散開星団である。距離8000光年。1781年にメシャンが発見した。メシエ自身の手で編纂されたメシエカタログはこのM103までであった。1783年に出版されたカタログには当初M100までをまとめる予定であったが、出版までの間に発見されたM101~M103を急遽カタログに追加した。メシャンは「カシオペアの足のδとεの間にある星団」と記している。ジョン・ハーシェルは「明るくかなり大きい」とした。スミスは「均整がとれ重星があり、Σ131は黄と青の一対。位置角141°、角距離14.4"(1832年)。扇形で北後続の部分で星がはっきり分岐する。きわめて多くの星の流れが見える。四方に枝分かれし、主な枝の星の光度は7~9等程度。明るい8等の赤い星が南に続く」とした。ウェッブは「δのわずか1°北。視野は美しくΣ131と赤色星をふくむ」とした。散開星団に分類されているが、偶然同じ方向に星が集まっているのではないかとする説もある。6個の10等星、11~12等級は25個ある双眼鏡で存在が明らかとなるが数個の星が微かにわかる程度である。口径8cmの望遠鏡で星雲状に見えてくる。微星を見るには最低口径10cmの望遠鏡を必要とする。10cm屈折でマラスは「壮観。矢の頭のようだ」と表現している。赤色星とΣ131を結ぶ線が矢の頭をつくっているように見える。右の写真では赤色星は写真の上の方にある星で(あまり赤く写っていない)、Σ131はさらのその上にある。M103の周辺には同じような星の集まりが多数あり、しっかり位置を確認していないと間違いやすい。δとεの間に多数の散開星団があり、特に最大の星団であるNGC 663は光度もあり星数も多く、M103よりも星団らしい星団である。こちらは双眼鏡でも容易に観測でき、メシエ天体を紹介した書籍やポスターなどでも、よく間違えて記載されることがある。
rdfs:label
  • M103 (天体)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of