Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • M-50(ロシア語:М-50エーム・ピヂスャート)およびM-52(М-52エーム・ピヂスャード・ドヴァー)は、ソ連のミャスィーシチェフ設計局において製造された戦略爆撃機の試作機である。北大西洋条約機構 (NATO) はこの機体に「バウンダー」のコードネームを与えたが、結局のところこの機体は試作機に過ぎなかったので最終的に実戦配備されることはなかった。M-50とM-52には設計上の違いも比較的多く、また概観上の違いも水平尾翼の増加などが挙げられる。一部の文献においては別項目において扱うことも多いが、ミャスィーシチェフ設計局の見解として、「この両機はそれぞれ基本型と発展型である」というものが存在している為、この2機は同じ項目においてあつかう。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 355676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56012009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • M-50(ロシア語:М-50エーム・ピヂスャート)およびM-52(М-52エーム・ピヂスャード・ドヴァー)は、ソ連のミャスィーシチェフ設計局において製造された戦略爆撃機の試作機である。北大西洋条約機構 (NATO) はこの機体に「バウンダー」のコードネームを与えたが、結局のところこの機体は試作機に過ぎなかったので最終的に実戦配備されることはなかった。M-50とM-52には設計上の違いも比較的多く、また概観上の違いも水平尾翼の増加などが挙げられる。一部の文献においては別項目において扱うことも多いが、ミャスィーシチェフ設計局の見解として、「この両機はそれぞれ基本型と発展型である」というものが存在している為、この2機は同じ項目においてあつかう。
rdfs:label
  • M-50 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of