Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • LT貿易(エルティーぼうえき)は1962年(昭和37年)に日本と中華人民共和国との間で交わされた「日中長期総合貿易に関する覚書」(通称:LT協定)に基づき、両国間の正式な国交はないものの、互いの連絡事務所を設置し、政府保証の融資を利用して行われた半官半民的な貿易形態である。最盛期には日中貿易総額の約半分を占めた。覚書に署名した中華人民共和国側代表廖承志(Liào Chéngzhì、アジア・アフリカ連帯委員会主席、のち中日友好協会長)と日本側代表高碕達之助(元通商産業大臣)の頭文字であるLとTをとってLT協定、ないしLT覚書と呼ばれ、覚書に基づいて行われた貿易をLT貿易と称した。「日中準政府間貿易」とも。また1968年(昭和41年)3月の第二次協定締結後は名称を「日中覚書貿易」(MT貿易)に改めて1年ごとに更新される形式となり、日中国交回復後の1973年(昭和48年)まで続けられた。この項で合わせて説明する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1843564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9073 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58101633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • LT貿易(エルティーぼうえき)は1962年(昭和37年)に日本と中華人民共和国との間で交わされた「日中長期総合貿易に関する覚書」(通称:LT協定)に基づき、両国間の正式な国交はないものの、互いの連絡事務所を設置し、政府保証の融資を利用して行われた半官半民的な貿易形態である。最盛期には日中貿易総額の約半分を占めた。覚書に署名した中華人民共和国側代表廖承志(Liào Chéngzhì、アジア・アフリカ連帯委員会主席、のち中日友好協会長)と日本側代表高碕達之助(元通商産業大臣)の頭文字であるLとTをとってLT協定、ないしLT覚書と呼ばれ、覚書に基づいて行われた貿易をLT貿易と称した。「日中準政府間貿易」とも。また1968年(昭和41年)3月の第二次協定締結後は名称を「日中覚書貿易」(MT貿易)に改めて1年ごとに更新される形式となり、日中国交回復後の1973年(昭和48年)まで続けられた。この項で合わせて説明する。
rdfs:label
  • LT貿易
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of