Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ナンバー4468 マラード (4468 Mallard) はロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道 (LNER) の蒸気機関車である。マラードはLNER A4 クラスの蒸気機関車のうちで、最も有名な車両である。日本ではマラード号と呼ばれることが多い。この機関車はナイジェル・グリズリー卿(Sir Nigel Gresley)によって設計され、1938年イングランドのドンカスターで製造された。風洞実験を利用して設計された空気力学的に優れた流線形の車体をもち、時速160 km(100 mph)以上の速度で走ることができた。1963年に引退するまでの間に走破した距離は、およそ240万キロ。1988年に50周年を記念して動態に復元されたが、2003年9月、ボイラーの検査に合格することができなくなったため再び引退した。現在はヨークにあるイギリス国立鉄道博物館のコレクションの一部として静態保存されている。マラード号の全長は21 m(70 ft)、総重量は165 t。車軸配置は4-6-2。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 882773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59241722 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:builddate
  • --03-03
prop-ja:builder
  • LNER ドンカスター工場
prop-ja:caption
prop-ja:designer
prop-ja:gauge
  • 1435.0
prop-ja:length
  • 70.0
prop-ja:locotenderweight
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • マラード
prop-ja:powertype
  • 蒸気機関車
prop-ja:railroadclass
prop-ja:restoredate
  • 1986 (xsd:integer)
prop-ja:retiredate
  • --04-25
prop-ja:serialnumber
  • 1870 (xsd:integer)
prop-ja:topspeed
  • 126.0
prop-ja:whytetype
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ナンバー4468 マラード (4468 Mallard) はロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道 (LNER) の蒸気機関車である。マラードはLNER A4 クラスの蒸気機関車のうちで、最も有名な車両である。日本ではマラード号と呼ばれることが多い。この機関車はナイジェル・グリズリー卿(Sir Nigel Gresley)によって設計され、1938年イングランドのドンカスターで製造された。風洞実験を利用して設計された空気力学的に優れた流線形の車体をもち、時速160 km(100 mph)以上の速度で走ることができた。1963年に引退するまでの間に走破した距離は、およそ240万キロ。1988年に50周年を記念して動態に復元されたが、2003年9月、ボイラーの検査に合格することができなくなったため再び引退した。現在はヨークにあるイギリス国立鉄道博物館のコレクションの一部として静態保存されている。マラード号の全長は21 m(70 ft)、総重量は165 t。車軸配置は4-6-2。
rdfs:label
  • LNERクラスA4蒸気機関車4468 マラード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of