Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • KOLOKOL-1(ロシア語: Колокол-1 コーラカル・アヂーン)は合成オピオイドから派生した無力化ガス(すなわち化学兵器)の一種である。曝露後1〜3秒以内に効果を発揮して2〜6時間意識不明にすると言われている。このガスはモスクワ劇場占拠事件で使用されたことで有名になった。人質922人のうち129人が中毒(窒息とも)死したことから非致死性については疑問視されている。1970年代にレニングラードの軍の秘密研究施設で化学兵器科学者レフ・フョードロフ (Lev Fyodorov) によって開発された。詳細は現在でも不明のままであるが、各症状や患者がオピオイド拮抗剤であるナロキソンの静脈内投与に効果を示したことからも、合成オピオイドの一種フェンタニル系の薬物だと言われている。具体的にはおそらくカルフェンタニルか3-メチルフェンタニルをハロタンに溶解したものをエアロゾルとして噴射するものではないかとされている。いずれも超高力価で、特にカルフェンタニルはモルヒネの10,000倍以上の効果を有する(換言すれば、モルヒネのわずか1/10,000の量で同等の効果を得られるため、化学兵器に転用しやすい)。なお、フェンタニル以外は医療に応用されていない。これら物質が使われていたと仮定すれば、人質は意識消失を伴った呼吸中枢麻痺によって窒息死したと考えられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1039228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57700237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • KOLOKOL-1(ロシア語: Колокол-1 コーラカル・アヂーン)は合成オピオイドから派生した無力化ガス(すなわち化学兵器)の一種である。曝露後1〜3秒以内に効果を発揮して2〜6時間意識不明にすると言われている。このガスはモスクワ劇場占拠事件で使用されたことで有名になった。人質922人のうち129人が中毒(窒息とも)死したことから非致死性については疑問視されている。1970年代にレニングラードの軍の秘密研究施設で化学兵器科学者レフ・フョードロフ (Lev Fyodorov) によって開発された。詳細は現在でも不明のままであるが、各症状や患者がオピオイド拮抗剤であるナロキソンの静脈内投与に効果を示したことからも、合成オピオイドの一種フェンタニル系の薬物だと言われている。具体的にはおそらくカルフェンタニルか3-メチルフェンタニルをハロタンに溶解したものをエアロゾルとして噴射するものではないかとされている。いずれも超高力価で、特にカルフェンタニルはモルヒネの10,000倍以上の効果を有する(換言すれば、モルヒネのわずか1/10,000の量で同等の効果を得られるため、化学兵器に転用しやすい)。なお、フェンタニル以外は医療に応用されていない。これら物質が使われていたと仮定すれば、人質は意識消失を伴った呼吸中枢麻痺によって窒息死したと考えられる。
rdfs:label
  • KOLOKOL-1
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of