Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • KJ-1(空警1号)は、中華人民共和国がソ連から入手したTu-4を改造して開発した早期警戒機 (AEW&C)。1967年に開発開始、1970年に初飛行。文化大革命の動乱に巻き込まれ1971年に計画中止となった。中国人民解放軍空軍の近代化のために復活の機運も一時はあったものの母体となるTu-4自体の老朽化からその任は後継のKJ-2000が担うこととなった。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1956955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53815455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • 中国空軍航空博物館に展示されているKJ-1
prop-ja:初飛行年月日
  • 1970 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • KJ-1(空警一号、空警-1)
prop-ja:生産数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • ファイル:KJ-1 .jpg
prop-ja:製造者
  • ツポレフ(元となったTu-4の製造)
prop-ja:設計者
  • ボーイング(Tu-4の元となったB-29の設計)
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者
  • (中国人民解放軍空軍)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • KJ-1(空警1号)は、中華人民共和国がソ連から入手したTu-4を改造して開発した早期警戒機 (AEW&C)。1967年に開発開始、1970年に初飛行。文化大革命の動乱に巻き込まれ1971年に計画中止となった。中国人民解放軍空軍の近代化のために復活の機運も一時はあったものの母体となるTu-4自体の老朽化からその任は後継のKJ-2000が担うこととなった。
rdfs:label
  • KJ-1 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • KJ-1(空警一号、空警-1)
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of