Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • K-7(カリーニン7;ロシア語:К-7カー・スィェーミ)は、1930年代のソ連のカリーニン設計局で試作された大型航空機である。爆撃機または民間旅客機としての使用を計画し、民間輸送機として使うときは巨大で厚い主翼の中に120人の乗客を乗せるという計画であった。別名は、「重たいK(カリーニン)」こと「カー・チャジョールィイ」(К-тяжелыйカー・チジョールィイ)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 278518 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58567816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • K-7(カリーニン7;ロシア語:К-7カー・スィェーミ)は、1930年代のソ連のカリーニン設計局で試作された大型航空機である。爆撃機または民間旅客機としての使用を計画し、民間輸送機として使うときは巨大で厚い主翼の中に120人の乗客を乗せるという計画であった。別名は、「重たいK(カリーニン)」こと「カー・チャジョールィイ」(К-тяжелыйカー・チジョールィイ)。
rdfs:label
  • K-7 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of