Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 統合作戦戦術システム(英語: USQ-112 JOTS, Joint Operational Tactical System)は、アメリカ海軍が運用していた作戦級の指揮用C4Iシステム。1981年より運用を開始し、改良を重ねたのち、発展型のUSQ-119A~D JMCIS (Joint Maritime Command Information System) 、さらにGCCSとの連接に対応したUSQ-119E(V) GCCS-M (Global Command and Control System - Maritime) によって更新された。現在、アメリカ全軍で使用されているGCCSの基礎となったシステムであり、アメリカ軍C4I改革のブレークスルーとして知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1800979 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2979 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42961501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 統合作戦戦術システム(英語: USQ-112 JOTS, Joint Operational Tactical System)は、アメリカ海軍が運用していた作戦級の指揮用C4Iシステム。1981年より運用を開始し、改良を重ねたのち、発展型のUSQ-119A~D JMCIS (Joint Maritime Command Information System) 、さらにGCCSとの連接に対応したUSQ-119E(V) GCCS-M (Global Command and Control System - Maritime) によって更新された。現在、アメリカ全軍で使用されているGCCSの基礎となったシステムであり、アメリカ軍C4I改革のブレークスルーとして知られている。
rdfs:label
  • JOTS
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of