Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • JDBCは、Java とリレーショナルデータベースの接続のためのAPI。JDBCは正式名称であって略称ではないが、Java database connectivity(ジャバ・データベース・コネクティビティ)に由来する名前だと考えられている。ODBCをベースにサン・マイクロシステムズおよび DataDirect が共同で開発していると言われている。そのためドライバのデフォルトの自動コミットの有効化など似ている点も多々ある。Java においてSQLを使用して、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) などと接続する機能を標準化(抽象化)している。元はJDK 1.0の拡張APIという位置付けであったが、JDK 1.1で正式にJavaの基本SDKに同梱されるようになった。標準的な機能 (API) は Java SE に含まれている。JDBCの規格は Java SDK とは独立して行われており、APIのアップデートは随時行われている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55322953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • JDBCは、Java とリレーショナルデータベースの接続のためのAPI。JDBCは正式名称であって略称ではないが、Java database connectivity(ジャバ・データベース・コネクティビティ)に由来する名前だと考えられている。ODBCをベースにサン・マイクロシステムズおよび DataDirect が共同で開発していると言われている。そのためドライバのデフォルトの自動コミットの有効化など似ている点も多々ある。Java においてSQLを使用して、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) などと接続する機能を標準化(抽象化)している。元はJDK 1.0の拡張APIという位置付けであったが、JDK 1.1で正式にJavaの基本SDKに同梱されるようになった。標準的な機能 (API) は Java SE に含まれている。JDBCの規格は Java SDK とは独立して行われており、APIのアップデートは随時行われている。
rdfs:label
  • JDBC
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of