JASON(ジェイソン)とは、主に機密性のある科学技術に関する問題についてアメリカ合衆国連邦政府に助言を行う、エリート科学者たちの独立したグループである。このグループは、当初は政府に助言を行う若い世代の科学者たち(ロスアラモス国立研究所の科学者とMIT放射線研究所の卒業生よりも若い世代)を集めるために1960年に設立され、30~60名のメンバーが在籍している。その功績は、最初は ベトナム戦争におけるを生み出したとして世間から悪評を得た。JASONの研究の大半が軍事に焦点が置かれているが、彼らは地球温暖化と酸性雨の初期の科学的研究も行った。現在の機密扱いではない研究的興味として、健康情報学、サイバー戦争、再生可能エネルギーが挙げられている。

Property Value
dbo:abstract
  • JASON(ジェイソン)とは、主に機密性のある科学技術に関する問題についてアメリカ合衆国連邦政府に助言を行う、エリート科学者たちの独立したグループである。このグループは、当初は政府に助言を行う若い世代の科学者たち(ロスアラモス国立研究所の科学者とMIT放射線研究所の卒業生よりも若い世代)を集めるために1960年に設立され、30~60名のメンバーが在籍している。その功績は、最初は ベトナム戦争におけるを生み出したとして世間から悪評を得た。JASONの研究の大半が軍事に焦点が置かれているが、彼らは地球温暖化と酸性雨の初期の科学的研究も行った。現在の機密扱いではない研究的興味として、健康情報学、サイバー戦争、再生可能エネルギーが挙げられている。 (ja)
  • JASON(ジェイソン)とは、主に機密性のある科学技術に関する問題についてアメリカ合衆国連邦政府に助言を行う、エリート科学者たちの独立したグループである。このグループは、当初は政府に助言を行う若い世代の科学者たち(ロスアラモス国立研究所の科学者とMIT放射線研究所の卒業生よりも若い世代)を集めるために1960年に設立され、30~60名のメンバーが在籍している。その功績は、最初は ベトナム戦争におけるを生み出したとして世間から悪評を得た。JASONの研究の大半が軍事に焦点が置かれているが、彼らは地球温暖化と酸性雨の初期の科学的研究も行った。現在の機密扱いではない研究的興味として、健康情報学、サイバー戦争、再生可能エネルギーが挙げられている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4011148 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 38317 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 74544387 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • JASON(ジェイソン)とは、主に機密性のある科学技術に関する問題についてアメリカ合衆国連邦政府に助言を行う、エリート科学者たちの独立したグループである。このグループは、当初は政府に助言を行う若い世代の科学者たち(ロスアラモス国立研究所の科学者とMIT放射線研究所の卒業生よりも若い世代)を集めるために1960年に設立され、30~60名のメンバーが在籍している。その功績は、最初は ベトナム戦争におけるを生み出したとして世間から悪評を得た。JASONの研究の大半が軍事に焦点が置かれているが、彼らは地球温暖化と酸性雨の初期の科学的研究も行った。現在の機密扱いではない研究的興味として、健康情報学、サイバー戦争、再生可能エネルギーが挙げられている。 (ja)
  • JASON(ジェイソン)とは、主に機密性のある科学技術に関する問題についてアメリカ合衆国連邦政府に助言を行う、エリート科学者たちの独立したグループである。このグループは、当初は政府に助言を行う若い世代の科学者たち(ロスアラモス国立研究所の科学者とMIT放射線研究所の卒業生よりも若い世代)を集めるために1960年に設立され、30~60名のメンバーが在籍している。その功績は、最初は ベトナム戦争におけるを生み出したとして世間から悪評を得た。JASONの研究の大半が軍事に焦点が置かれているが、彼らは地球温暖化と酸性雨の初期の科学的研究も行った。現在の機密扱いではない研究的興味として、健康情報学、サイバー戦争、再生可能エネルギーが挙げられている。 (ja)
rdfs:label
  • JASON (ja)
  • JASON (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of