Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • J結合(Jけつごう、英: J-coupling)は、2つの核の間の磁場中にある結合性電子の影響による2つの核スピン間の相互作用(カップリング)である。他方で、結合を介さないスピン間の相互作用は、(磁気)双極子相互作用と呼ばれる。J結合は間接双極子-双極子相互作用(indirect dipole dipole coupling)、J相互作用、スピン結合(スピンカップリング)とも呼ばれる。J結合は二面角に関する情報を含んでおり、カープラス式を用いて推定することができる。J結合は一次元核磁気共鳴分光法における重要な観測可能な効果である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2655102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56508299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • J結合(Jけつごう、英: J-coupling)は、2つの核の間の磁場中にある結合性電子の影響による2つの核スピン間の相互作用(カップリング)である。他方で、結合を介さないスピン間の相互作用は、(磁気)双極子相互作用と呼ばれる。J結合は間接双極子-双極子相互作用(indirect dipole dipole coupling)、J相互作用、スピン結合(スピンカップリング)とも呼ばれる。J結合は二面角に関する情報を含んでおり、カープラス式を用いて推定することができる。J結合は一次元核磁気共鳴分光法における重要な観測可能な効果である。
rdfs:label
  • J結合
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of