『Ingress』(イングレス)は、スマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンラインゲーム・位置情報ゲーム。開発・運営を行うのは、もとはGoogleの社内スタートアップで、2015年8月にGoogleから独立したナイアンティック社(Niantic, Inc.)。2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始された。当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応した。 プレイするためのアプリケーションはGoogle PlayおよびApp Storeで無料で提供されている。当初はアイテム課金はなかったが、2015年10月29日に有料アイテムの販売を開始した。Googleのサービスであるため、プレイにはGoogleアカウントが必要。また、必須ではないがGoogle+への参加が推奨されていたが、2019年4月のGoogle+閉鎖に伴い、ストーリーキャラクターからFacebookへの移行が示唆されている。 当初は英語のみであったが、2015年3月25日に日本語に対応。 2018年10月からフジテレビの新アニメ枠「+ultra」でのアニメ化が行われた(『INGRESS THE ANIMATION』)。放送時にはゲームとアニメ、現実の連携したイベントが実施された。

Property Value
dbo:abstract
  • 『Ingress』(イングレス)は、スマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンラインゲーム・位置情報ゲーム。開発・運営を行うのは、もとはGoogleの社内スタートアップで、2015年8月にGoogleから独立したナイアンティック社(Niantic, Inc.)。2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始された。当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応した。 プレイするためのアプリケーションはGoogle PlayおよびApp Storeで無料で提供されている。当初はアイテム課金はなかったが、2015年10月29日に有料アイテムの販売を開始した。Googleのサービスであるため、プレイにはGoogleアカウントが必要。また、必須ではないがGoogle+への参加が推奨されていたが、2019年4月のGoogle+閉鎖に伴い、ストーリーキャラクターからFacebookへの移行が示唆されている。 当初は英語のみであったが、2015年3月25日に日本語に対応。 2018年11月に、デザインや操作性を大幅にアップデートした「Ingress 2.0」(Ingress Prime)、および従来のIngressのデザインをそのまま維持した「Scanner [REDACTED]」(Ingress 1.0が改名されたアプリ)が公開された。2019年9月末には完全に「Scanner REDACTED」は廃止され、Ingress Prime に一本化された。 2018年10月からフジテレビの新アニメ枠「+ultra」でのアニメ化が行われた(『INGRESS THE ANIMATION』)。放送時にはゲームとアニメ、現実の連携したイベントが実施された。 キャッチコピーは、「The world around you is not what it seems.」(あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない) (ja)
  • 『Ingress』(イングレス)は、スマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンラインゲーム・位置情報ゲーム。開発・運営を行うのは、もとはGoogleの社内スタートアップで、2015年8月にGoogleから独立したナイアンティック社(Niantic, Inc.)。2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始された。当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応した。 プレイするためのアプリケーションはGoogle PlayおよびApp Storeで無料で提供されている。当初はアイテム課金はなかったが、2015年10月29日に有料アイテムの販売を開始した。Googleのサービスであるため、プレイにはGoogleアカウントが必要。また、必須ではないがGoogle+への参加が推奨されていたが、2019年4月のGoogle+閉鎖に伴い、ストーリーキャラクターからFacebookへの移行が示唆されている。 当初は英語のみであったが、2015年3月25日に日本語に対応。 2018年11月に、デザインや操作性を大幅にアップデートした「Ingress 2.0」(Ingress Prime)、および従来のIngressのデザインをそのまま維持した「Scanner [REDACTED]」(Ingress 1.0が改名されたアプリ)が公開された。2019年9月末には完全に「Scanner REDACTED」は廃止され、Ingress Prime に一本化された。 2018年10月からフジテレビの新アニメ枠「+ultra」でのアニメ化が行われた(『INGRESS THE ANIMATION』)。放送時にはゲームとアニメ、現実の連携したイベントが実施された。 キャッチコピーは、「The world around you is not what it seems.」(あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない) (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3052775 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25823 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81428500 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:ゲームジャンル
prop-ja:タイトル
  • Ingress (ja)
  • Ingress (ja)
prop-ja:売上本数
  • 1400 (xsd:integer)
prop-ja:対応機種
prop-ja:画像
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:発売元
prop-ja:発売日
  • --12-15
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『Ingress』(イングレス)は、スマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンラインゲーム・位置情報ゲーム。開発・運営を行うのは、もとはGoogleの社内スタートアップで、2015年8月にGoogleから独立したナイアンティック社(Niantic, Inc.)。2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始された。当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応した。 プレイするためのアプリケーションはGoogle PlayおよびApp Storeで無料で提供されている。当初はアイテム課金はなかったが、2015年10月29日に有料アイテムの販売を開始した。Googleのサービスであるため、プレイにはGoogleアカウントが必要。また、必須ではないがGoogle+への参加が推奨されていたが、2019年4月のGoogle+閉鎖に伴い、ストーリーキャラクターからFacebookへの移行が示唆されている。 当初は英語のみであったが、2015年3月25日に日本語に対応。 2018年10月からフジテレビの新アニメ枠「+ultra」でのアニメ化が行われた(『INGRESS THE ANIMATION』)。放送時にはゲームとアニメ、現実の連携したイベントが実施された。 (ja)
  • 『Ingress』(イングレス)は、スマートフォン向けの拡張現実技術を利用したオンラインゲーム・位置情報ゲーム。開発・運営を行うのは、もとはGoogleの社内スタートアップで、2015年8月にGoogleから独立したナイアンティック社(Niantic, Inc.)。2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始された。当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応した。 プレイするためのアプリケーションはGoogle PlayおよびApp Storeで無料で提供されている。当初はアイテム課金はなかったが、2015年10月29日に有料アイテムの販売を開始した。Googleのサービスであるため、プレイにはGoogleアカウントが必要。また、必須ではないがGoogle+への参加が推奨されていたが、2019年4月のGoogle+閉鎖に伴い、ストーリーキャラクターからFacebookへの移行が示唆されている。 当初は英語のみであったが、2015年3月25日に日本語に対応。 2018年10月からフジテレビの新アニメ枠「+ultra」でのアニメ化が行われた(『INGRESS THE ANIMATION』)。放送時にはゲームとアニメ、現実の連携したイベントが実施された。 (ja)
rdfs:label
  • Ingress (ja)
  • Ingress (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ingress (ja)
  • Ingress (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of