Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • in vitro(イン・ビトロ/ヴィトロ)とは、分子生物学の実験などにおいて、試験管内などの人工的に構成された条件下、すなわち、各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境であることを意味する。語源はラテン語で「ガラスの中で」、意味は「試験管内で」。対立する概念は in vivo である。理想的には、培地や溶液の内容物の種類及び量について全て明らかであり、未知の条件が殆ど無いと言えるケースである。in vitro と in vivo の区別は研究分野によって多少異なる。個体あるいはその組織・臓器を対象としている生理学などでは、個体を扱えば in vivo、それから取り出した組織等を扱えば in vitro となる。一方、細胞以下のミクロな対象を扱う細胞生物学や分子生物学では、培養した細胞を扱えば in vivo、細胞から取り出した細胞内器官や物質(DNAや蛋白質など)を扱えば in vitro ということが多い。つまりどのレベルを「生きている」と見るかの違いである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 19940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59191433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • in vitro(イン・ビトロ/ヴィトロ)とは、分子生物学の実験などにおいて、試験管内などの人工的に構成された条件下、すなわち、各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境であることを意味する。語源はラテン語で「ガラスの中で」、意味は「試験管内で」。対立する概念は in vivo である。理想的には、培地や溶液の内容物の種類及び量について全て明らかであり、未知の条件が殆ど無いと言えるケースである。in vitro と in vivo の区別は研究分野によって多少異なる。個体あるいはその組織・臓器を対象としている生理学などでは、個体を扱えば in vivo、それから取り出した組織等を扱えば in vitro となる。一方、細胞以下のミクロな対象を扱う細胞生物学や分子生物学では、培養した細胞を扱えば in vivo、細胞から取り出した細胞内器官や物質(DNAや蛋白質など)を扱えば in vitro ということが多い。つまりどのレベルを「生きている」と見るかの違いである。
rdfs:label
  • In vitro
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of