ISSN(International Standard Serial Number、国際標準逐次刊行物番号) は、逐次刊行物を識別するための番号で、1971年に国際標準化機構のISO 3297として規格が策定され、ISSNネットワーク(旧称:国際逐次刊行物データシステム(ISDS))が管理している。翻訳規格として日本工業規格(JIS X 0306:2012)になっている。また、RFC 3044 で、URN名前空間として定義されている。日本の場合、国立国会図書館がISSN日本センターとしてISSNの登録・管理を行っている。ISSNの付与は出版者の申請で行う。 日本では、逐次刊行物の流通に「雑誌コード」を使いISSNを用いないことがある。ネットの検索では日本の逐次刊行物でもISSNの検索の方が早く出てくることがある。

Property Value
dbo:abstract
  • ISSN(International Standard Serial Number、国際標準逐次刊行物番号) は、逐次刊行物を識別するための番号で、1971年に国際標準化機構のISO 3297として規格が策定され、ISSNネットワーク(旧称:国際逐次刊行物データシステム(ISDS))が管理している。翻訳規格として日本工業規格(JIS X 0306:2012)になっている。また、RFC 3044 で、URN名前空間として定義されている。日本の場合、国立国会図書館がISSN日本センターとしてISSNの登録・管理を行っている。ISSNの付与は出版者の申請で行う。 日本では、逐次刊行物の流通に「雑誌コード」を使いISSNを用いないことがある。ネットの検索では日本の逐次刊行物でもISSNの検索の方が早く出てくることがある。 (ja)
  • ISSN(International Standard Serial Number、国際標準逐次刊行物番号) は、逐次刊行物を識別するための番号で、1971年に国際標準化機構のISO 3297として規格が策定され、ISSNネットワーク(旧称:国際逐次刊行物データシステム(ISDS))が管理している。翻訳規格として日本工業規格(JIS X 0306:2012)になっている。また、RFC 3044 で、URN名前空間として定義されている。日本の場合、国立国会図書館がISSN日本センターとしてISSNの登録・管理を行っている。ISSNの付与は出版者の申請で行う。 日本では、逐次刊行物の流通に「雑誌コード」を使いISSNを用いないことがある。ネットの検索では日本の逐次刊行物でもISSNの検索の方が早く出てくることがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 244325 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4217 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80648184 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ISSN(International Standard Serial Number、国際標準逐次刊行物番号) は、逐次刊行物を識別するための番号で、1971年に国際標準化機構のISO 3297として規格が策定され、ISSNネットワーク(旧称:国際逐次刊行物データシステム(ISDS))が管理している。翻訳規格として日本工業規格(JIS X 0306:2012)になっている。また、RFC 3044 で、URN名前空間として定義されている。日本の場合、国立国会図書館がISSN日本センターとしてISSNの登録・管理を行っている。ISSNの付与は出版者の申請で行う。 日本では、逐次刊行物の流通に「雑誌コード」を使いISSNを用いないことがある。ネットの検索では日本の逐次刊行物でもISSNの検索の方が早く出てくることがある。 (ja)
  • ISSN(International Standard Serial Number、国際標準逐次刊行物番号) は、逐次刊行物を識別するための番号で、1971年に国際標準化機構のISO 3297として規格が策定され、ISSNネットワーク(旧称:国際逐次刊行物データシステム(ISDS))が管理している。翻訳規格として日本工業規格(JIS X 0306:2012)になっている。また、RFC 3044 で、URN名前空間として定義されている。日本の場合、国立国会図書館がISSN日本センターとしてISSNの登録・管理を行っている。ISSNの付与は出版者の申請で行う。 日本では、逐次刊行物の流通に「雑誌コード」を使いISSNを用いないことがある。ネットの検索では日本の逐次刊行物でもISSNの検索の方が早く出てくることがある。 (ja)
rdfs:label
  • ISSN (ja)
  • ISSN (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of