ISO 639-3:2007 Codes for the representation of names of languages — Part 3:Alpha-3 code for comprehensive coverage of languages は、国際規格 ISO 639 言語コードのひとつであり、国際標準化機構によって2007年2月5日に公刊された。 ISO 639-3 は ISO 639-2 3文字コードの拡張で、知られるすべての自然言語をカバーすることを目的とする。拡張された言語の範囲は主に ISO 639-3 のになっている国際SILの出版物であるエスノローグの言語コードを元にしている。ISO 639-3 は、その言語が現存の言語であるか消滅言語・古代語・人工言語であるかを問わず、使用者の数を問わず、書かれた記録があるかどうかを問わず、可能なかぎり完全な言語の一覧を提供する。ただし、インド・ヨーロッパ祖語のような再建された言語は含まない。 ISO 639-3 はさまざまな応用に供することを目的とする。計算機と情報システムでは、インターネットのように多言語を支援する必要があるため、広く使われる。また、言語学の文献その他において、言語名では不明瞭であったり多義的であったりする場合に、それを補うために使われる。

Property Value
dbo:abstract
  • ISO 639-3:2007 Codes for the representation of names of languages — Part 3:Alpha-3 code for comprehensive coverage of languages は、国際規格 ISO 639 言語コードのひとつであり、国際標準化機構によって2007年2月5日に公刊された。 ISO 639-3 は ISO 639-2 3文字コードの拡張で、知られるすべての自然言語をカバーすることを目的とする。拡張された言語の範囲は主に ISO 639-3 のになっている国際SILの出版物であるエスノローグの言語コードを元にしている。ISO 639-3 は、その言語が現存の言語であるか消滅言語・古代語・人工言語であるかを問わず、使用者の数を問わず、書かれた記録があるかどうかを問わず、可能なかぎり完全な言語の一覧を提供する。ただし、インド・ヨーロッパ祖語のような再建された言語は含まない。 ISO 639-3 はさまざまな応用に供することを目的とする。計算機と情報システムでは、インターネットのように多言語を支援する必要があるため、広く使われる。また、言語学の文献その他において、言語名では不明瞭であったり多義的であったりする場合に、それを補うために使われる。 ISO 639-3 は言語を包括的にカバーし、すべての言語に等しい機会を与え、情報技術で広く採用されているため、情報格差の問題に対応するための重要な技術を提供する。 (ja)
  • ISO 639-3:2007 Codes for the representation of names of languages — Part 3:Alpha-3 code for comprehensive coverage of languages は、国際規格 ISO 639 言語コードのひとつであり、国際標準化機構によって2007年2月5日に公刊された。 ISO 639-3 は ISO 639-2 3文字コードの拡張で、知られるすべての自然言語をカバーすることを目的とする。拡張された言語の範囲は主に ISO 639-3 のになっている国際SILの出版物であるエスノローグの言語コードを元にしている。ISO 639-3 は、その言語が現存の言語であるか消滅言語・古代語・人工言語であるかを問わず、使用者の数を問わず、書かれた記録があるかどうかを問わず、可能なかぎり完全な言語の一覧を提供する。ただし、インド・ヨーロッパ祖語のような再建された言語は含まない。 ISO 639-3 はさまざまな応用に供することを目的とする。計算機と情報システムでは、インターネットのように多言語を支援する必要があるため、広く使われる。また、言語学の文献その他において、言語名では不明瞭であったり多義的であったりする場合に、それを補うために使われる。 ISO 639-3 は言語を包括的にカバーし、すべての言語に等しい機会を与え、情報技術で広く採用されているため、情報格差の問題に対応するための重要な技術を提供する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1552239 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 14315 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79377696 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ISO 639-3:2007 Codes for the representation of names of languages — Part 3:Alpha-3 code for comprehensive coverage of languages は、国際規格 ISO 639 言語コードのひとつであり、国際標準化機構によって2007年2月5日に公刊された。 ISO 639-3 は ISO 639-2 3文字コードの拡張で、知られるすべての自然言語をカバーすることを目的とする。拡張された言語の範囲は主に ISO 639-3 のになっている国際SILの出版物であるエスノローグの言語コードを元にしている。ISO 639-3 は、その言語が現存の言語であるか消滅言語・古代語・人工言語であるかを問わず、使用者の数を問わず、書かれた記録があるかどうかを問わず、可能なかぎり完全な言語の一覧を提供する。ただし、インド・ヨーロッパ祖語のような再建された言語は含まない。 ISO 639-3 はさまざまな応用に供することを目的とする。計算機と情報システムでは、インターネットのように多言語を支援する必要があるため、広く使われる。また、言語学の文献その他において、言語名では不明瞭であったり多義的であったりする場合に、それを補うために使われる。 (ja)
  • ISO 639-3:2007 Codes for the representation of names of languages — Part 3:Alpha-3 code for comprehensive coverage of languages は、国際規格 ISO 639 言語コードのひとつであり、国際標準化機構によって2007年2月5日に公刊された。 ISO 639-3 は ISO 639-2 3文字コードの拡張で、知られるすべての自然言語をカバーすることを目的とする。拡張された言語の範囲は主に ISO 639-3 のになっている国際SILの出版物であるエスノローグの言語コードを元にしている。ISO 639-3 は、その言語が現存の言語であるか消滅言語・古代語・人工言語であるかを問わず、使用者の数を問わず、書かれた記録があるかどうかを問わず、可能なかぎり完全な言語の一覧を提供する。ただし、インド・ヨーロッパ祖語のような再建された言語は含まない。 ISO 639-3 はさまざまな応用に供することを目的とする。計算機と情報システムでは、インターネットのように多言語を支援する必要があるため、広く使われる。また、言語学の文献その他において、言語名では不明瞭であったり多義的であったりする場合に、それを補うために使われる。 (ja)
rdfs:label
  • ISO 639-3 (ja)
  • ISO 639-3 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of