ISO 3166-1は、ISOによって発行されているISO 3166の第一の部分で国名コードの標準。日本ではJIS X 0304として標準化されている。国、保護領、および特定の地政学的な意味を持つ地域の名前に対し、以下の3種の国名コードを定義している。 * ISO 3166-1 alpha-2: ラテン文字2文字による国名コード。3種のコードのうち最も使用されており、「.jp」等インターネットでの国別コードトップレベルドメインとして良く知られている(ただし、一部例外がある) * ISO 3166-1 alpha-3: ラテン文字3文字による国名コード。上記alpha-2よりも国名コードからラテン文字表記の国名が類推しやすくなっている * ISO 3166-1 numeric: 3桁の数字による国コード。により定義、保守されていると同じもの。文字体系に依存しないため、非ラテン文字利用者によって有用とされる ラテン文字による国名コードは1974年から、数字による国コードは1981年からISO 3166に含まれるようになった。その後ISO 3166は3つに分割、拡張され、1997年に国名コードを示すISO 3166-1、1998年に行政区画名をコード表記するためのISO 3166-2、1999年に旧国名や旧地域名をコード表記するためのISO 3166-3が定義された。

Property Value
dbo:abstract
  • ISO 3166-1は、ISOによって発行されているISO 3166の第一の部分で国名コードの標準。日本ではJIS X 0304として標準化されている。国、保護領、および特定の地政学的な意味を持つ地域の名前に対し、以下の3種の国名コードを定義している。 * ISO 3166-1 alpha-2: ラテン文字2文字による国名コード。3種のコードのうち最も使用されており、「.jp」等インターネットでの国別コードトップレベルドメインとして良く知られている(ただし、一部例外がある) * ISO 3166-1 alpha-3: ラテン文字3文字による国名コード。上記alpha-2よりも国名コードからラテン文字表記の国名が類推しやすくなっている * ISO 3166-1 numeric: 3桁の数字による国コード。により定義、保守されていると同じもの。文字体系に依存しないため、非ラテン文字利用者によって有用とされる ラテン文字による国名コードは1974年から、数字による国コードは1981年からISO 3166に含まれるようになった。その後ISO 3166は3つに分割、拡張され、1997年に国名コードを示すISO 3166-1、1998年に行政区画名をコード表記するためのISO 3166-2、1999年に旧国名や旧地域名をコード表記するためのISO 3166-3が定義された。 広く利用されている国際標準として、ISO 3166-1は他の標準を基にしており、また、物資と情報の交換を容易にするために国際機関で用いられている。しかし、ISO 3166-1は唯一の国名コードの標準というわけではなく、ISO 3166-1と異なる他の国名コードも多くの国際機関で用いられている。例えば、ITU-Tによる国際電話番号の規格であるE.164は広く一般に用いられている国名コードの一つとして挙げることができる。 (ja)
  • ISO 3166-1は、ISOによって発行されているISO 3166の第一の部分で国名コードの標準。日本ではJIS X 0304として標準化されている。国、保護領、および特定の地政学的な意味を持つ地域の名前に対し、以下の3種の国名コードを定義している。 * ISO 3166-1 alpha-2: ラテン文字2文字による国名コード。3種のコードのうち最も使用されており、「.jp」等インターネットでの国別コードトップレベルドメインとして良く知られている(ただし、一部例外がある) * ISO 3166-1 alpha-3: ラテン文字3文字による国名コード。上記alpha-2よりも国名コードからラテン文字表記の国名が類推しやすくなっている * ISO 3166-1 numeric: 3桁の数字による国コード。により定義、保守されていると同じもの。文字体系に依存しないため、非ラテン文字利用者によって有用とされる ラテン文字による国名コードは1974年から、数字による国コードは1981年からISO 3166に含まれるようになった。その後ISO 3166は3つに分割、拡張され、1997年に国名コードを示すISO 3166-1、1998年に行政区画名をコード表記するためのISO 3166-2、1999年に旧国名や旧地域名をコード表記するためのISO 3166-3が定義された。 広く利用されている国際標準として、ISO 3166-1は他の標準を基にしており、また、物資と情報の交換を容易にするために国際機関で用いられている。しかし、ISO 3166-1は唯一の国名コードの標準というわけではなく、ISO 3166-1と異なる他の国名コードも多くの国際機関で用いられている。例えば、ITU-Tによる国際電話番号の規格であるE.164は広く一般に用いられている国名コードの一つとして挙げることができる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 56696 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 29585 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80612570 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ISO 3166-1は、ISOによって発行されているISO 3166の第一の部分で国名コードの標準。日本ではJIS X 0304として標準化されている。国、保護領、および特定の地政学的な意味を持つ地域の名前に対し、以下の3種の国名コードを定義している。 * ISO 3166-1 alpha-2: ラテン文字2文字による国名コード。3種のコードのうち最も使用されており、「.jp」等インターネットでの国別コードトップレベルドメインとして良く知られている(ただし、一部例外がある) * ISO 3166-1 alpha-3: ラテン文字3文字による国名コード。上記alpha-2よりも国名コードからラテン文字表記の国名が類推しやすくなっている * ISO 3166-1 numeric: 3桁の数字による国コード。により定義、保守されていると同じもの。文字体系に依存しないため、非ラテン文字利用者によって有用とされる ラテン文字による国名コードは1974年から、数字による国コードは1981年からISO 3166に含まれるようになった。その後ISO 3166は3つに分割、拡張され、1997年に国名コードを示すISO 3166-1、1998年に行政区画名をコード表記するためのISO 3166-2、1999年に旧国名や旧地域名をコード表記するためのISO 3166-3が定義された。 (ja)
  • ISO 3166-1は、ISOによって発行されているISO 3166の第一の部分で国名コードの標準。日本ではJIS X 0304として標準化されている。国、保護領、および特定の地政学的な意味を持つ地域の名前に対し、以下の3種の国名コードを定義している。 * ISO 3166-1 alpha-2: ラテン文字2文字による国名コード。3種のコードのうち最も使用されており、「.jp」等インターネットでの国別コードトップレベルドメインとして良く知られている(ただし、一部例外がある) * ISO 3166-1 alpha-3: ラテン文字3文字による国名コード。上記alpha-2よりも国名コードからラテン文字表記の国名が類推しやすくなっている * ISO 3166-1 numeric: 3桁の数字による国コード。により定義、保守されていると同じもの。文字体系に依存しないため、非ラテン文字利用者によって有用とされる ラテン文字による国名コードは1974年から、数字による国コードは1981年からISO 3166に含まれるようになった。その後ISO 3166は3つに分割、拡張され、1997年に国名コードを示すISO 3166-1、1998年に行政区画名をコード表記するためのISO 3166-2、1999年に旧国名や旧地域名をコード表記するためのISO 3166-3が定義された。 (ja)
rdfs:label
  • ISO 3166-1 (ja)
  • ISO 3166-1 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ibTh of
is foaf:primaryTopic of