Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ISO/IEC 2022(旧称 ISO 2022)は、 文字集合を7ビット符号または8ビット符号で表現するための技術、および 複数の文字集合を単一の文字符号化方式に含める技術を規定するISO規格である。JISの対応規格はJIS X 0202 「情報技術-文字符号の構造及び拡張法」。Ecma Internationalの対応規格はECMA-35。ISO/IEC 2022 の符号化方式は、一般に、1文字に1バイトか2バイト以上を使う可変長の文字符号化方式である。いくつかの符号化表現がISO/IEC 2022の機構を使っている。たとえば、ISO-2022-JPは日本語で広く使われている符号化表現であり、いわゆる「JISコード」というのもこれを指すことが一般的である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 655737 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58733789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • RFC 1468はRFC 2278 より古い 。またRFC 1468中には登録手続きへの言及がない。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ISO/IEC 2022(旧称 ISO 2022)は、 文字集合を7ビット符号または8ビット符号で表現するための技術、および 複数の文字集合を単一の文字符号化方式に含める技術を規定するISO規格である。JISの対応規格はJIS X 0202 「情報技術-文字符号の構造及び拡張法」。Ecma Internationalの対応規格はECMA-35。ISO/IEC 2022 の符号化方式は、一般に、1文字に1バイトか2バイト以上を使う可変長の文字符号化方式である。いくつかの符号化表現がISO/IEC 2022の機構を使っている。たとえば、ISO-2022-JPは日本語で広く使われている符号化表現であり、いわゆる「JISコード」というのもこれを指すことが一般的である。
rdfs:label
  • ISO/IEC 2022
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of