Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)、IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6)は、Internet Protocolの一種で、OSI参照モデルにおいてネットワーク層に位置付けられるプロトコルである。現在、主流のIPv4にかわるものとして、それまで約 232(= 約43億)個であったIPアドレスを約 2128(= 約340澗)個まで使えるようにしたのが大きな特徴の一つである。340澗個のアドレスとは、340兆の1兆倍の1兆倍(340京の1京倍の1万倍)のアドレス空間があるということである。実際の運用では、回線事業者がエンドユーザのルーターに提供する最小単位は/64ブロックのことが多い。また、アドレスの下位の64ビットであるインタフェースIDは、一意性を得るためにMACアドレス等から生成されるEUI-64フォーマットが使用されることが多い。(/64でなければならないわけではない)また、Webブラウザのアドレスバーに入力する場合など、URLのホストパートをIPv6アドレスで指定したいときは、例えば::1ならば[::1]のように半角の角括弧でくくる。[RFC 3986]
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1890370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58917691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:type
  • NOTLINK
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Internet Protocol Version 6(インターネット プロトコル バージョン6)、IPv6(アイピーブイ6、アイピーバージョン6)は、Internet Protocolの一種で、OSI参照モデルにおいてネットワーク層に位置付けられるプロトコルである。現在、主流のIPv4にかわるものとして、それまで約 232(= 約43億)個であったIPアドレスを約 2128(= 約340澗)個まで使えるようにしたのが大きな特徴の一つである。340澗個のアドレスとは、340兆の1兆倍の1兆倍(340京の1京倍の1万倍)のアドレス空間があるということである。実際の運用では、回線事業者がエンドユーザのルーターに提供する最小単位は/64ブロックのことが多い。また、アドレスの下位の64ビットであるインタフェースIDは、一意性を得るためにMACアドレス等から生成されるEUI-64フォーマットが使用されることが多い。(/64でなければならないわけではない)また、Webブラウザのアドレスバーに入力する場合など、URLのホストパートをIPv6アドレスで指定したいときは、例えば::1ならば[::1]のように半角の角括弧でくくる。[RFC 3986]
rdfs:label
  • IPv6
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of