Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • iPhone Simulator(アイフォン シミュレータ)は、iOS SDKに含まれるソフトウェアである。iOS SDKで作られたアプリケーションをシミュレートできる。標準のiPhone、iPod touch、iPadと比べて、写真、設定、連絡先、Safariの4つのアプリケーションがデフォルトで入っている。アプリケーションの回転した場合のシミュレーションできるが、加速度のテストはできない。またaltキー(109キーボード)やオプションキー(Appleキーボード)を押しながらマウスを操作することでマルチタッチのシミュレートも可能である。ver2.0から日本語にも対応している。iPhone Simulatorは、通常 /Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications のディレクトリにある。2008年3月に公開されたiPhone SDK Beta版ではAspenという名称となっていた。バージョン2よりiPhone Simulatorとなった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1783554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 44076552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • iPhone Simulator(アイフォン シミュレータ)は、iOS SDKに含まれるソフトウェアである。iOS SDKで作られたアプリケーションをシミュレートできる。標準のiPhone、iPod touch、iPadと比べて、写真、設定、連絡先、Safariの4つのアプリケーションがデフォルトで入っている。アプリケーションの回転した場合のシミュレーションできるが、加速度のテストはできない。またaltキー(109キーボード)やオプションキー(Appleキーボード)を押しながらマウスを操作することでマルチタッチのシミュレートも可能である。ver2.0から日本語にも対応している。iPhone Simulatorは、通常 /Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications のディレクトリにある。2008年3月に公開されたiPhone SDK Beta版ではAspenという名称となっていた。バージョン2よりiPhone Simulatorとなった。
rdfs:label
  • IPhone Simulator
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of