Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • IKONOS(イコノス)は、1999年9月25日にアメリカのSPACEIMAGING社(現GeoEye社)が打ち上げたリモートセンシング衛星。アメリカ政府による規制緩和により、民間による初の軍事偵察衛星技術を利用したサービス。IKONOSは永らくNROの偵察衛星の供給を一手に請け負ってきたロッキード・マーチンの設計であり、必要な箇所を的確に撮影できることで有名である。世界各所にROCと呼ばれる撮影指示兼受信局を持つ。日本では、日本スペースイメージング株式会社が業務を行っている。2000年1月よりサービスを開始している。IKONOSの後継衛星も当初想定されていたがブッシュ政権成立による軍需の変化によって、ロッキードマーチン社がこの分野から撤退したため、米国政府の次世代衛星開発支援を受けられず、経営危機に直面、結果、2005年SPACEIMAGING社はORBIMAGE社に買収された。2006年、ORBIMAGE社は、GeoEye社に社名を変更した。2009年、GeoEye社の次期衛星GeoEye-1が無事サービスを開始、よってIKONOS衛星は近い将来サービスを終了する予定である。IKONOSとはギリシア語で「画像」を指す語である。従来のリモートセンシング衛星のセンサに比べて、分解能1mという高解像度センサを搭載していることが特徴。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1022798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59164356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • IKONOS(イコノス)は、1999年9月25日にアメリカのSPACEIMAGING社(現GeoEye社)が打ち上げたリモートセンシング衛星。アメリカ政府による規制緩和により、民間による初の軍事偵察衛星技術を利用したサービス。IKONOSは永らくNROの偵察衛星の供給を一手に請け負ってきたロッキード・マーチンの設計であり、必要な箇所を的確に撮影できることで有名である。世界各所にROCと呼ばれる撮影指示兼受信局を持つ。日本では、日本スペースイメージング株式会社が業務を行っている。2000年1月よりサービスを開始している。IKONOSの後継衛星も当初想定されていたがブッシュ政権成立による軍需の変化によって、ロッキードマーチン社がこの分野から撤退したため、米国政府の次世代衛星開発支援を受けられず、経営危機に直面、結果、2005年SPACEIMAGING社はORBIMAGE社に買収された。2006年、ORBIMAGE社は、GeoEye社に社名を変更した。2009年、GeoEye社の次期衛星GeoEye-1が無事サービスを開始、よってIKONOS衛星は近い将来サービスを終了する予定である。IKONOSとはギリシア語で「画像」を指す語である。従来のリモートセンシング衛星のセンサに比べて、分解能1mという高解像度センサを搭載していることが特徴。
rdfs:label
  • IKONOS
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of