Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • IDベース暗号 (ID-Based Encryption) とは公開鍵暗号の一種であり識別子を利用した暗号方式である。この暗号では、利用者の公開鍵として、利用者の識別子に関する一意な情報 (例えば利用者のメールアドレス) を利用者の公開鍵として用いる。また、姓名やドメイン名、物理的なIPアドレスについても公開鍵として用いることが出来る。ID-Based Encryptionの略からIBEとも呼ばれる。1984年にメールアドレスに基づく公開鍵基盤方式 (PKI) がアディ・シャミア(RSAの"S")によって提案された。これは利用者の識別子のように公開されている情報のみからデジタル署名の検証を可能とする。最近では、ボネ (en:Dan Boneh) とフランクリン (en:Matthew K. Franklin) のペアリングに基づく暗号方式、コックスの平方剰余に基づく暗号方式も存在する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1830945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58455956 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • IDベース暗号 (ID-Based Encryption) とは公開鍵暗号の一種であり識別子を利用した暗号方式である。この暗号では、利用者の公開鍵として、利用者の識別子に関する一意な情報 (例えば利用者のメールアドレス) を利用者の公開鍵として用いる。また、姓名やドメイン名、物理的なIPアドレスについても公開鍵として用いることが出来る。ID-Based Encryptionの略からIBEとも呼ばれる。1984年にメールアドレスに基づく公開鍵基盤方式 (PKI) がアディ・シャミア(RSAの"S")によって提案された。これは利用者の識別子のように公開されている情報のみからデジタル署名の検証を可能とする。最近では、ボネ (en:Dan Boneh) とフランクリン (en:Matthew K. Franklin) のペアリングに基づく暗号方式、コックスの平方剰余に基づく暗号方式も存在する。
rdfs:label
  • IDベース暗号
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of