ICT4D(英: information and communication technologies for development、情報通信技術(IT・ICT)の経済開発(主に発展途上国)への活用)は社会経済発展または、国際開発の分野における情報通信技術(ICT)の応用一般を指す用語である。ICT4Dの直接の関心事は貧困解消のための情報技術応用の研究である。情報通信技術の応用は、直接的な方法として、恵まれない人々の利益のために用いられる方法と、間接的な方法として、全般的な社会経済環境の改善のために、外国援助組織やNGO、政府、企業を支援する方法がある。世界の多くの貧困地域では、通信インフラの独占や検閲制度への配慮から、情報通信技術の応用を実現し推進するための法律や行政調査が必要とされている。 発展途上国における情報通信技術の影響として、農家がより良い市場価格情報を得て収入向上に生かす例がある。他の例ではブルンジ共和国における汚職社会と戦う移動体通信とラジオ放送の例がある。 この用途で用いられる最有力な用語は「ICT4D」である。その他にはen:ICTDや開発情報学がある。

Property Value
dbo:abstract
  • ICT4D(英: information and communication technologies for development、情報通信技術(IT・ICT)の経済開発(主に発展途上国)への活用)は社会経済発展または、国際開発の分野における情報通信技術(ICT)の応用一般を指す用語である。ICT4Dの直接の関心事は貧困解消のための情報技術応用の研究である。情報通信技術の応用は、直接的な方法として、恵まれない人々の利益のために用いられる方法と、間接的な方法として、全般的な社会経済環境の改善のために、外国援助組織やNGO、政府、企業を支援する方法がある。世界の多くの貧困地域では、通信インフラの独占や検閲制度への配慮から、情報通信技術の応用を実現し推進するための法律や行政調査が必要とされている。 ICT4Dの構想は、世界中のあらゆる不便に生きる人々への対策と解釈することができるが、典型的には、開発途上国への応用により結びついている。この分野は取り上げる学会やワークショップ、出版物の増加に連れ、学際的研究領域と認識されてきている。そのような研究は、一つには現在進行中の様々なプロジェクトの効果を調査するために使うことができる、科学的に立証されたベンチマークや結果の必要性により、希求されてきた。多くの国際開発機関がICT4Dの重要さを認識している。例としては世界銀行のGICT部署はこれらの問題に専門に取り組む200余名のスタッフによるチームを持っている。 発展途上国における情報通信技術の影響として、農家がより良い市場価格情報を得て収入向上に生かす例がある。他の例ではブルンジ共和国における汚職社会と戦う移動体通信とラジオ放送の例がある。 この用途で用いられる最有力な用語は「ICT4D」である。その他にはen:ICTDや開発情報学がある。 (ja)
  • ICT4D(英: information and communication technologies for development、情報通信技術(IT・ICT)の経済開発(主に発展途上国)への活用)は社会経済発展または、国際開発の分野における情報通信技術(ICT)の応用一般を指す用語である。ICT4Dの直接の関心事は貧困解消のための情報技術応用の研究である。情報通信技術の応用は、直接的な方法として、恵まれない人々の利益のために用いられる方法と、間接的な方法として、全般的な社会経済環境の改善のために、外国援助組織やNGO、政府、企業を支援する方法がある。世界の多くの貧困地域では、通信インフラの独占や検閲制度への配慮から、情報通信技術の応用を実現し推進するための法律や行政調査が必要とされている。 ICT4Dの構想は、世界中のあらゆる不便に生きる人々への対策と解釈することができるが、典型的には、開発途上国への応用により結びついている。この分野は取り上げる学会やワークショップ、出版物の増加に連れ、学際的研究領域と認識されてきている。そのような研究は、一つには現在進行中の様々なプロジェクトの効果を調査するために使うことができる、科学的に立証されたベンチマークや結果の必要性により、希求されてきた。多くの国際開発機関がICT4Dの重要さを認識している。例としては世界銀行のGICT部署はこれらの問題に専門に取り組む200余名のスタッフによるチームを持っている。 発展途上国における情報通信技術の影響として、農家がより良い市場価格情報を得て収入向上に生かす例がある。他の例ではブルンジ共和国における汚職社会と戦う移動体通信とラジオ放送の例がある。 この用途で用いられる最有力な用語は「ICT4D」である。その他にはen:ICTDや開発情報学がある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1985633 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5055 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 74087727 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ICT4D(英: information and communication technologies for development、情報通信技術(IT・ICT)の経済開発(主に発展途上国)への活用)は社会経済発展または、国際開発の分野における情報通信技術(ICT)の応用一般を指す用語である。ICT4Dの直接の関心事は貧困解消のための情報技術応用の研究である。情報通信技術の応用は、直接的な方法として、恵まれない人々の利益のために用いられる方法と、間接的な方法として、全般的な社会経済環境の改善のために、外国援助組織やNGO、政府、企業を支援する方法がある。世界の多くの貧困地域では、通信インフラの独占や検閲制度への配慮から、情報通信技術の応用を実現し推進するための法律や行政調査が必要とされている。 発展途上国における情報通信技術の影響として、農家がより良い市場価格情報を得て収入向上に生かす例がある。他の例ではブルンジ共和国における汚職社会と戦う移動体通信とラジオ放送の例がある。 この用途で用いられる最有力な用語は「ICT4D」である。その他にはen:ICTDや開発情報学がある。 (ja)
  • ICT4D(英: information and communication technologies for development、情報通信技術(IT・ICT)の経済開発(主に発展途上国)への活用)は社会経済発展または、国際開発の分野における情報通信技術(ICT)の応用一般を指す用語である。ICT4Dの直接の関心事は貧困解消のための情報技術応用の研究である。情報通信技術の応用は、直接的な方法として、恵まれない人々の利益のために用いられる方法と、間接的な方法として、全般的な社会経済環境の改善のために、外国援助組織やNGO、政府、企業を支援する方法がある。世界の多くの貧困地域では、通信インフラの独占や検閲制度への配慮から、情報通信技術の応用を実現し推進するための法律や行政調査が必要とされている。 発展途上国における情報通信技術の影響として、農家がより良い市場価格情報を得て収入向上に生かす例がある。他の例ではブルンジ共和国における汚職社会と戦う移動体通信とラジオ放送の例がある。 この用途で用いられる最有力な用語は「ICT4D」である。その他にはen:ICTDや開発情報学がある。 (ja)
rdfs:label
  • ICT4D (ja)
  • ICT4D (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of