Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • I-180(ロシア語:И-180イー・ストー・ヴォースィェミヂスャト)は、I-16の後継機としてポリカールポフ設計局が開発したソ連の戦闘機であった。本機はI-16によく似たスタイルをしていたが、開発は難航し、発展型のI-185(И-185イー・ストー・ヴォースィェミヂスャト・ピャーチ)が少数配備されたものの、不十分な性能と稼働率の低さから大量生産は行われず、その後ソ連空軍の主力はヤコヴレフ設計局やラーヴォチュキン設計局の開発した戦闘機が担っていくことになった。なお、I-185の発展型としてはI-190(И-190イー・ヂヴィノースタ)が製作され、ごく僅かの機体が実戦配備された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 282987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58964914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • I-180(ロシア語:И-180イー・ストー・ヴォースィェミヂスャト)は、I-16の後継機としてポリカールポフ設計局が開発したソ連の戦闘機であった。本機はI-16によく似たスタイルをしていたが、開発は難航し、発展型のI-185(И-185イー・ストー・ヴォースィェミヂスャト・ピャーチ)が少数配備されたものの、不十分な性能と稼働率の低さから大量生産は行われず、その後ソ連空軍の主力はヤコヴレフ設計局やラーヴォチュキン設計局の開発した戦闘機が担っていくことになった。なお、I-185の発展型としてはI-190(И-190イー・ヂヴィノースタ)が製作され、ごく僅かの機体が実戦配備された。
rdfs:label
  • I-180 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of