Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • I-17(ロシア語:И-17イー・スィムナーッツァチ)は、I-16の後継機としてポリカールポフ設計局が開発したソ連の戦闘機。初飛行は1937年。ロシアでは、同時期に開発された戦闘機としてBf 109やスピットファイアと比較される。I-17には、実際にはTsKB-15やTsKB-19、TsKB-19bisなど複数の開発機が含まれている。これらは近代的な構造をしていたが、しかしながら諸々のトラブルにより開発は中止され、その後ソ連空軍の主力はヤコヴレフ設計局やラーヴォチュキン設計局の開発した戦闘機が担っていくことになった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 282982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58964910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • I-17(ロシア語:И-17イー・スィムナーッツァチ)は、I-16の後継機としてポリカールポフ設計局が開発したソ連の戦闘機。初飛行は1937年。ロシアでは、同時期に開発された戦闘機としてBf 109やスピットファイアと比較される。I-17には、実際にはTsKB-15やTsKB-19、TsKB-19bisなど複数の開発機が含まれている。これらは近代的な構造をしていたが、しかしながら諸々のトラブルにより開発は中止され、その後ソ連空軍の主力はヤコヴレフ設計局やラーヴォチュキン設計局の開発した戦闘機が担っていくことになった。
rdfs:label
  • I-17 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of