Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • I-153(ロシア語:И-153 «Чайка»イー・ストー・ピヂスャート・トリー チャイカ(海猫))は、ソ連の複葉戦闘機である。多くの優れた戦闘機を開発し「戦闘機の王様」と呼ばれたポリカールポフ設計局が設計した。「究極の複葉戦闘機」と呼ばれ、長期間に亙りソ連労農赤軍航空隊の主力機を務め、ノモンハン事件、フィンランドとの冬戦争、第二次大戦の初めまで使われた。当時の新技術であった引き込み脚と、当時としては強力な1000馬力級のエンジンを搭載していた。上翼は視界を確保するためにガルウィングを採用したのでチャイカ(カモメ)という愛称で呼ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 179699 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58964583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • I-153(ロシア語:И-153 «Чайка»イー・ストー・ピヂスャート・トリー チャイカ(海猫))は、ソ連の複葉戦闘機である。多くの優れた戦闘機を開発し「戦闘機の王様」と呼ばれたポリカールポフ設計局が設計した。「究極の複葉戦闘機」と呼ばれ、長期間に亙りソ連労農赤軍航空隊の主力機を務め、ノモンハン事件、フィンランドとの冬戦争、第二次大戦の初めまで使われた。当時の新技術であった引き込み脚と、当時としては強力な1000馬力級のエンジンを搭載していた。上翼は視界を確保するためにガルウィングを採用したのでチャイカ(カモメ)という愛称で呼ばれた。
rdfs:label
  • I-153 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of