Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハインケルHe176は、第二次大戦前夜の1939年6月20日にErich Warsitzの操縦により飛行に成功した世界初の有人液体燃料式ロケット飛行機。高速飛行機の動力として1920年代から開発が行われていたロケットエンジンは、そのすべてが固体燃料を利用していた。1937年にヴァルター社のヘルムート・ヴァルターが液体燃料式ロケットエンジンの開発に成功。ハインケル社はこのエンジンを利用した試作機としてHe176を開発した。機体形状の特徴は、空気抵抗を減らし高速飛行を実現するため、コックピットは胴体と一体化した流線型の機体となっていた。ヒトラーはじめナチス・ドイツ高官の前での試験飛行も行われたが、期待された高速が出なかったことなどにより開発中止命令が出され、He176は試作機として終わった。しかしロケットエンジンの開発は以後も続けられ、1941年に初飛行するメッサーシュミット Me163が世界初の実用ロケット戦闘機となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 110688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9967 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56846426 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハインケルHe176は、第二次大戦前夜の1939年6月20日にErich Warsitzの操縦により飛行に成功した世界初の有人液体燃料式ロケット飛行機。高速飛行機の動力として1920年代から開発が行われていたロケットエンジンは、そのすべてが固体燃料を利用していた。1937年にヴァルター社のヘルムート・ヴァルターが液体燃料式ロケットエンジンの開発に成功。ハインケル社はこのエンジンを利用した試作機としてHe176を開発した。機体形状の特徴は、空気抵抗を減らし高速飛行を実現するため、コックピットは胴体と一体化した流線型の機体となっていた。ヒトラーはじめナチス・ドイツ高官の前での試験飛行も行われたが、期待された高速が出なかったことなどにより開発中止命令が出され、He176は試作機として終わった。しかしロケットエンジンの開発は以後も続けられ、1941年に初飛行するメッサーシュミット Me163が世界初の実用ロケット戦闘機となった。
rdfs:label
  • He 176 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of